VWポロのスポーツモデル「GTI」登場

2010.09.21 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ポロ」に、スポーツモデル「ポロGTI」追加

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年9月21日、「ポロ」にスポーツモデル「ポロGTI」を追加設定し、発売した。

既報のとおり、2010年3月のジュネーブショーで発表された「ポロGTI」が日本に上陸した。
3代目となる「ポロGTI」は、現行「ポロ」をベースに、GTI専用にチューンされた1.4リッターツインチャージャーエンジンを搭載。最高出力は先代モデル(1.8リッターターボ)より29psアップとなる179ps/6200rpm、最大トルクは、3.1kgmアップの25.5kgm/2000-4500rpmを発生する。また同エンジンを搭載する「ゴルフTSIハイライン」(160ps)と比べても19psアップとなっており、1.4リッターTSIエンジンの中では、一番の高出力となる。
組み合わされるトランスミッションは、7段DSG(先代は5段MT)。燃費は16.6km/リッターと先代より26%も向上している。

足まわりは、専用スポーツサスペンションの採用で15mmローダウンされ、専用の17インチアルミホイールが備わる。コーナリング時に、内輪のブレーキを制御することでトラクションを改善しアンダーステアを軽減する、電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”が初搭載されたのもニュースだ。

エクステリアで目を引くのは、「ゴルフGTI」と同じく上下に赤ラインの入った専用ハニカムグリル。そのほか、サイドスカート、リアスポイラー、クロームデュアルエキゾーストパイプなどの装備が、スポーティさを演出する。インテリアにも、“GTI伝統”のチェック柄を配したスポーツシートを採用。革巻きのステアリングホイールには「ポロ」初となるパドルシフトが搭載され、ステアリングホイールやシフトノブなどは赤ステッチで飾られる。

さらにオプション装備として、LEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライト(12万6000円)やアルカンターラ&レザレットシートパッケージ(15万7500円)、RNS510 HDDナビゲーションシステム(28万3500円)などが用意される。

価格は、294万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る