VWポロのスポーツモデル「GTI」登場

2010.09.21 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ポロ」に、スポーツモデル「ポロGTI」追加

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年9月21日、「ポロ」にスポーツモデル「ポロGTI」を追加設定し、発売した。

既報のとおり、2010年3月のジュネーブショーで発表された「ポロGTI」が日本に上陸した。
3代目となる「ポロGTI」は、現行「ポロ」をベースに、GTI専用にチューンされた1.4リッターツインチャージャーエンジンを搭載。最高出力は先代モデル(1.8リッターターボ)より29psアップとなる179ps/6200rpm、最大トルクは、3.1kgmアップの25.5kgm/2000-4500rpmを発生する。また同エンジンを搭載する「ゴルフTSIハイライン」(160ps)と比べても19psアップとなっており、1.4リッターTSIエンジンの中では、一番の高出力となる。
組み合わされるトランスミッションは、7段DSG(先代は5段MT)。燃費は16.6km/リッターと先代より26%も向上している。

足まわりは、専用スポーツサスペンションの採用で15mmローダウンされ、専用の17インチアルミホイールが備わる。コーナリング時に、内輪のブレーキを制御することでトラクションを改善しアンダーステアを軽減する、電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”が初搭載されたのもニュースだ。

エクステリアで目を引くのは、「ゴルフGTI」と同じく上下に赤ラインの入った専用ハニカムグリル。そのほか、サイドスカート、リアスポイラー、クロームデュアルエキゾーストパイプなどの装備が、スポーティさを演出する。インテリアにも、“GTI伝統”のチェック柄を配したスポーツシートを採用。革巻きのステアリングホイールには「ポロ」初となるパドルシフトが搭載され、ステアリングホイールやシフトノブなどは赤ステッチで飾られる。

さらにオプション装備として、LEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライト(12万6000円)やアルカンターラ&レザレットシートパッケージ(15万7500円)、RNS510 HDDナビゲーションシステム(28万3500円)などが用意される。

価格は、294万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入 2018.7.14 自動車ニュース フィアットがスモールSUV「パンダ4×4フォレスタ」を100台限定で発売。今回の限定モデルの特徴は“森”をイメージした内外装にあり、エクステリアには黒と緑の2種類のボディーカラーを設定。インテリアには緑のインストゥルメントパネルを用いている。
ホームへ戻る