第11回:高速道路を考える(その1)〜北高南低の四国の道路

2010.09.20 エッセイ

第11回:高速道路を考える(その1)〜北高南低の四国の道路

初めて四国を歩いて驚いた。あちこち、山を切り崩して高速道路が建設中なのだ。民営化、景気高揚のための無料化など、日本の高速道路がさまざまな問題を提示しているのと微妙に関係しながらも、四国の道路工事は進んでいる。

四国の人々が昔から希求した本州とつなぐ道は、もう三つも出来上がった。香川県の五色台から望む瀬戸大橋。
四国の人々が昔から希求した本州とつなぐ道は、もう三つも出来上がった。香川県の五色台から望む瀬戸大橋。
遍路中もっとも標高の高い雲辺寺への山道から眺める徳島自動車道。去年も今年も、朝の通行量はとても少なかった。
遍路中もっとも標高の高い雲辺寺への山道から眺める徳島自動車道。去年も今年も、朝の通行量はとても少なかった。

高速道路網から見放されていた四国

今、四国各地は高速道路建設のまっただ中にある。特に南西部の愛媛県や高知県では、山を削り、谷を越し、市街地近くにはインターが生まれつつあるなど、あちらこちら工事現場だらけである。それを見ると、誰もが複雑な気持ちを抱くだろう。少なくとも私は、かなり気になった。

思い起こすと、比較的最近まで、四国は高速道路網から本当に見放されていた。1990年代頃、何度か仕事で四国の取材をしようと思ったことがあるが、自動車移動ではあまりにも時間がかかるので、断念したことが多い。大変失礼ながら、四国というところは、少なくとも高速道路網に関しては、北海道や九州に比べても遅れていて、一種のへき地のようなものだった。

ちょっと古いが、手元に1989年発行の日本地図がある。これを見ると東北道はとうに青森と八戸までつながっている。北海道でも津軽海峡の松前から札幌を越えて旭川近くまで延びているだけでなく、釧路や知床半島周辺でも高速道が何カ所か開通している。中国道からは関門海峡を越えて、高速道路が九州の長崎県や熊本県まで延び、宮崎、鹿児島一帯の南部もかなり結ばれている。

ところが四国だけは、この高速自動車道路の恩恵から、ひどく見放されている。たしかに1985年、淡路島から四国を結ぶ鳴門大橋は開通した。だが、淡路島の反対側は本州につながっていなかった。そして1988年には瀬戸大橋が完成した。これによって四国の土地は、初めて本州と結ばれた。それこそ四国の人々が明治時代から、いや多分もっと大昔から願っていた本土につながる道がやっと実現した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。