第115回:【Movie】クルマと音楽が融合「Audi MUSIC meets ART 2010」

2010.09.17 エッセイ

第115回:【Movie】クルマと音楽が融合「Audi MUSIC meets ART 2010」

2010年8月28日と29日の両日、箱根彫刻の森美術館で、今年で11回目となる恒例のジャズイベント「Audi MUSIC meets ART」が開催された。夜の箱根に鳴り響くJAZZピアノと稲垣潤一の歌声……。その模様を動画でリポートする。

山中千尋。ニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニスト。「After Hours」で第23回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2010年9月22日に『フォーエヴァー・ビギンズ』をリリース。
山中千尋。ニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニスト。「After Hours」で第23回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2010年9月22日に『フォーエヴァー・ビギンズ』をリリース。
稲垣潤一。ミュージシャン。1982年「雨のリグレット」でデビュー。「夏のクラクション」(1983)や「クリスマスキャロルの頃には」(1992)など数々のヒット曲をリリース。2009年には「男と女」「男と女2」で日本レコード大賞 企画賞を受賞した。

写真提供=アウディジャパン
稲垣潤一。ミュージシャン。1982年「雨のリグレット」でデビュー。「夏のクラクション」(1983)や「クリスマスキャロルの頃には」(1992)など数々のヒット曲をリリース。2009年には「男と女」「男と女2」で日本レコード大賞 企画賞を受賞した。

写真提供=アウディジャパン

山中千尋と稲垣潤一がコラボレーション

夏の夜の箱根でジャズライブ__そんな優雅でぜいたくなひとときを味わえるアウディジャパン協賛のアートイベント「Audi MUSIC meets ART 2010」が、箱根彫刻の森美術館で開催された。2日間で約1600名が訪れた今回は、クルマで訪れた来場者のCO2排出量(およそ42トン)を相殺するアウディジャパンのカーボンオフセット活動により、クリーンでムード満点なライブが実現した。

出演アーティストは、ニューヨークを拠点に活躍するジャスピアニスト、山中千尋さん率いる「山中千尋トリオ」と、ミュージシャンの稲垣潤一さん。稲垣さんの曲といえば、ドライブミュージックの定番であり、YOKOHAMAタイヤのCMにも起用されるなど、なにかとクルマとのかかわりが強い。ご本人も、かつてポカールレース(70〜80年代に開催されていたゴルフのワンメイク)に参戦していたほどの、大のつくクルマ好きだ。

さて、そこで問題。そんな稲垣潤一さんが、このアウディイベントで歌った「クルマと関係ある歌」はなんでしょう?
今回は、アウディジャパンとアーティストから特別に許可をいただけたので、「Audi MUSIC meets ART 2010」の模様を動画でお届けする。

■山中千尋×稲垣潤一 JAZZライブ

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ