第114回:「i-MiEV」でスポーツした、クールで熱い夏の休日

2010.09.17 エッセイ

第114回:「i-MiEV」でスポーツした、クールで熱い夏の休日

スラローム競技によるタイムトライアル「ジムカーナ」への参戦チャンスを三菱自動車からいただいた。しかもクルマは「i-MiEV」! 生方聡とwebCG本諏訪、二人のジムカーナ初心者が、気合いを入れて戦った、その結果は?

参加受付は7時45分から、車検は8時からと、レースの朝は早い。
第114回:i-MiEVでスポーツしたクールで熱い真夏の休日
会場となる富士スピードウェイに到着、エントラントが続々と詰めかける。
第114回:i-MiEVでスポーツしたクールで熱い真夏の休日
コース脇は、スタンバイする参加車両で埋め尽くされる。いかにも“走り屋”っぽいクルマが多いが、「フィット」や「デミオ」などもちらほら。
第114回:i-MiEVでスポーツしたクールで熱い真夏の休日

EVでジムカーナ!?

それは1本の電話で始まった。『webCG』編集部の本諏訪君、通称「モティ」からのコールである。

モティ(以下「モ」):ウブさん、9月5日の日曜なんですが、僕と一緒にジムカーナに出ませんか?
生方(以下「生」):おー、いいね、いいね! クルマは?
モ:i-MiEVです。少し前に小沢コージさんからリポートをいただいたあのシリーズです。
生:それは面白そう。ジムカーナの経験、ほとんどないけどいいかなぁ?
モ:大丈夫です、僕もありませんから(笑)。

i-MiEVでジムカーナか……。電気自動車(EV)というと“エコ”という切り口で語られることが多いし、それが本来の存在意義であるのは重々承知しているが、もちろんEVの魅力はそれだけではない。たとえば、EVの発進加速は、エンジン車では味わえないくらい力強く気持ちがいい。いまから約20年前に「IZA」というEVで、僕はそれを知ってしまった。EVが重い、高い、航続距離が短い、すぐに普及するわけがないといわれ続けながらも、愛想が尽きなかったのは、EVの走りにシビレてしまったからだ。走りがよければ競争したくなるのは当然の結果で、アメリカでは20年以上前からEVのレースが行われていて、それを見に1993年にはわざわざアリゾナまで足を運んだことがある。日本でもJAF公認のレースが開催され、僕自身も1997年に改造型のEVフォーミュラで富士スピードウェイを駆け抜けた経験を持つ。

そんな、EVにはただならぬこだわりがある僕だから、モティの誘いを二つ返事で引き受けたのは当然のこと。JAFのモータースポーツライセンスが切れていて慌てて取り直した、という裏話があったのはさておき、実は自分がジムカーナにあまり縁がないことがわかった。日本のモータースポーツの総元締めであるJAFによれば、「ジムカーナは舗装された路面に任意に設定されたコースを競技車両が1台ずつ走行し、タイムを競うモータースポーツ」であり、「ジムカーナはモータースポーツの基本」だという。参加するにはJAF発行のモータースポーツライセンスが必要だが、サーキットを使う多くのレースに必要なのが「国内A級ライセンス」であるのに対し、ジムカーナは座学だけで取得できる「国内B級ライセンス」で参加可能(もちろんAライセンスでも大丈夫)。クルマもノーマルでOK! モータースポーツの基本は、実に身近な存在なのだ。

意気揚々と朝の受付を済ませる。このときはまだ、難コースに頭を抱えることになるとは思いもしなかった……。
第114回:i-MiEVでスポーツしたクールで熱い真夏の休日

というわけで、とんとん拍子で進んだジムカーナの話だが、まったく不安がないわけではない。「小沢コージの勢いまかせ!!」によれば、参加するJMRC神奈川ジムカーナ部会のイベントは、コースの難解さでは定評があるらしい。ジムカーナの経験がほとんどないモティと僕が、見事ゴールにたどり着けるのか? しかもここだけの話、モティは編集部(いや、業界)きっての方向オンチといううわさである。ミスコースで二人とも記録なし、という状況だけはなんとしても避けなければ……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ