ポルシェ911カレラに新モデルが登場【パリサロン2010】

2010.09.16 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラGTS」
ポルシェ911カレラに新モデルが登場

【パリサロン2010】ポルシェ、911シリーズに「カレラGTS」クーペとカブリオレを追加

ポルシェ・ジャパンは2010年9月15日、9月30日から開催されるパリサロンでデビューする「911カレラGTS」の受注を10月15日から開始すると発表した。

「911カレラGTS」のリアビュー。「スポーツエグゾーストシステム」が標準装備される。排気管のマフラー部分とテールパイプの間がブラック塗装され、排気管はポリッシュ仕上げとなっている。
「911カレラGTS」のリアビュー。「スポーツエグゾーストシステム」が標準装備される。排気管のマフラー部分とテールパイプの間がブラック塗装され、排気管はポリッシュ仕上げとなっている。
最高出力408ps、最大トルク42.8kgmを発生するエンジン。このエンジンは世界250台の限定で販売されたスペシャルモデル「911スポーツクラシック」にも搭載された。
最高出力408ps、最大トルク42.8kgmを発生するエンジン。このエンジンは世界250台の限定で販売されたスペシャルモデル「911スポーツクラシック」にも搭載された。
「911カレラGTSカブリオレ」
「911カレラGTSカブリオレ」

パリサロンで初披露される「カレラGTS」は、「カレラS」に用いられる3.8リッター水平対向6気筒にチューンを施したエンジンとワイドボディが与えられたハイパフォーマンスな「911」だ。

「カレラS」では、エンジンへの空気量を制御するチューニングフラップが、1枚だけですべての気筒の吸気制御をしているのに対して、「カレラGTS」は各気筒に対して1枚ずつ配置、計6枚のチューニングフラップを持つ専用のレゾナンスインテークマニホールドを採用した。これにより各気筒の吸気充填効率が高められ、最高出力は23ps増しの408psを発生、最大トルクは同じ数値(42.8kgm)ながらも、発生回転数が4400rpmから4200rpmへと、より低回転からトルクが得られるようになった。組み合わされるトランスミッションは、7段PDKのみ。駆動方式は、RR。

注目のパフォーマンスは、0-100km/h加速タイムで「カレラS」よりも0.1秒短い4.2秒を達成(「スポーツクロノパッケージ・プラス」装着車で、スポーツプラスモードで走行した場合)。一方、燃費(NEDCモード)は、カレラSと同等の9.8km/リッターを誇る。

エクステリアは、リアが44mmワイドな4WDモデル「カレラ4」と同じボディが用いられ、フロントにはブラックのリップスポイラー、サイドには同じくブラックの専用サイドスカートが装着される。足元には、ハイグロスフィニッシュのリムフランジを持つ、ブラック塗装の19インチホイールが与えられる。

インテリアは、エクステリアと同様にブラックを基調とした内装色が採用され、新デザインのステアリングホイールやシフトレバー、サイドブレーキ、シート表皮の一部にブラックのアルカンターラが用いられるなど、カレラシリーズのトップモデルにふさわしい高級感が演出される。

ハンドル位置は左右が選べ、価格は、「911カレラGTS」が1604.0万円、「911カレラGTSカブリオレ」は1852.0万円に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))

「911カレラGTSカブリオレ」
「911カレラGTSカブリオレ」
ステアリングやシートなどに「ブラックアルカンターラ」が用いられた「911カレラGTS」のインテリア。
ステアリングやシートなどに「ブラックアルカンターラ」が用いられた「911カレラGTS」のインテリア。
関連記事
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る