マセラティ・クアトロポルテに限定車

2010.09.16 自動車ニュース

「マセラティ・クアトロポルテ」に特別仕様車 国内50台限定

マセラティジャパンは2010年9月13日、スポーティサルーン「クアトロポルテ」に特別仕様車を設定し、発売した。 国内販売台数は50台となる。

今回発売された特別仕様車「クアトロポルテ スポーツGT Sアワードエディション」は、同車が2004年のデビュー以来、各国の自動車誌・ライフスタイル誌などで数々の賞を受賞したことを記念したモデル。最上級グレードの「スポーツGT S」をベースに、スポーツテイストとクラフトマンシップを引き立たせた内外装に仕上げられている。

インテリアには、ポルトローナフラウ製のレザーとアルカンターラを組み合わせた特別シートを装着。ルーフライニングもアルカンターラ張りで、ステアリングホイールやシフトグリップにもアルカンターラ&レザーを巻くなど、高級感が演出されている。ダッシュボードはサテン仕上げされたマットブラックウッドパネルで飾られ、フロアマットにも特別な新素材が採用された。レザートリムが施されたトランクスペースには、クローム製のラゲッジフックや、ブラックレザーのサイドポケット、カーペットなどが装備される。

エクステリアでは、ダークシャイニング加工が施されたクロームパーツが特別な装備。足元は、手で仕上げられたポリッシュキャリパー(ブレンボ製)とサテン仕上げのアルミホイールでコントラストが映えるルックスとなっている。Bピラーには「Award Edition」と刻まれるプレートが備わる。

ボディカラーはパールメタリックグレーとブラックの2色で、いずれも特別限定色となる。価格はベース車より155.0万円高い1850.0万円。デリバリー開始は2011年2月の予定だ。

(webCG 本諏訪)


マセラティ・クアトロポルテに限定車の画像
ポルトローナフラウ製レザーと多孔加工のアルカンターラが組み合わされた専用シート。
ポルトローナフラウ製レザーと多孔加工のアルカンターラが組み合わされた専用シート。
アルミ製のサイドシルにも「Award Edition」のロゴが。
アルミ製のサイドシルにも「Award Edition」のロゴが。

マセラティ・クアトロポルテに限定車の画像

関連キーワード:
クアトロポルテマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ2018年モデル メディア発表会の会場から 2017.11.7 画像・写真 マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で、マセラティ各車の2018年モデルをお披露目した。イベントの様子や会場に並んだ車両の姿を写真でリポートする。
  • マセラティのモデルラインナップが2018年型へと進化 2017.11.8 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京において、マセラティの2018年モデルのフルラインナップを披露した。2018年モデルでは、先進運転支援システムの強化などが行われている。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る