マセラティ・クアトロポルテに限定車

2010.09.16 自動車ニュース

「マセラティ・クアトロポルテ」に特別仕様車 国内50台限定

マセラティジャパンは2010年9月13日、スポーティサルーン「クアトロポルテ」に特別仕様車を設定し、発売した。 国内販売台数は50台となる。

今回発売された特別仕様車「クアトロポルテ スポーツGT Sアワードエディション」は、同車が2004年のデビュー以来、各国の自動車誌・ライフスタイル誌などで数々の賞を受賞したことを記念したモデル。最上級グレードの「スポーツGT S」をベースに、スポーツテイストとクラフトマンシップを引き立たせた内外装に仕上げられている。

インテリアには、ポルトローナフラウ製のレザーとアルカンターラを組み合わせた特別シートを装着。ルーフライニングもアルカンターラ張りで、ステアリングホイールやシフトグリップにもアルカンターラ&レザーを巻くなど、高級感が演出されている。ダッシュボードはサテン仕上げされたマットブラックウッドパネルで飾られ、フロアマットにも特別な新素材が採用された。レザートリムが施されたトランクスペースには、クローム製のラゲッジフックや、ブラックレザーのサイドポケット、カーペットなどが装備される。

エクステリアでは、ダークシャイニング加工が施されたクロームパーツが特別な装備。足元は、手で仕上げられたポリッシュキャリパー(ブレンボ製)とサテン仕上げのアルミホイールでコントラストが映えるルックスとなっている。Bピラーには「Award Edition」と刻まれるプレートが備わる。

ボディカラーはパールメタリックグレーとブラックの2色で、いずれも特別限定色となる。価格はベース車より155.0万円高い1850.0万円。デリバリー開始は2011年2月の予定だ。

(webCG 本諏訪)


マセラティ・クアトロポルテに限定車の画像
ポルトローナフラウ製レザーと多孔加工のアルカンターラが組み合わされた専用シート。
ポルトローナフラウ製レザーと多孔加工のアルカンターラが組み合わされた専用シート。
アルミ製のサイドシルにも「Award Edition」のロゴが。
アルミ製のサイドシルにも「Award Edition」のロゴが。

マセラティ・クアトロポルテに限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る