マセラティ・クアトロポルテに限定車

2010.09.16 自動車ニュース

「マセラティ・クアトロポルテ」に特別仕様車 国内50台限定

マセラティジャパンは2010年9月13日、スポーティサルーン「クアトロポルテ」に特別仕様車を設定し、発売した。 国内販売台数は50台となる。

今回発売された特別仕様車「クアトロポルテ スポーツGT Sアワードエディション」は、同車が2004年のデビュー以来、各国の自動車誌・ライフスタイル誌などで数々の賞を受賞したことを記念したモデル。最上級グレードの「スポーツGT S」をベースに、スポーツテイストとクラフトマンシップを引き立たせた内外装に仕上げられている。

インテリアには、ポルトローナフラウ製のレザーとアルカンターラを組み合わせた特別シートを装着。ルーフライニングもアルカンターラ張りで、ステアリングホイールやシフトグリップにもアルカンターラ&レザーを巻くなど、高級感が演出されている。ダッシュボードはサテン仕上げされたマットブラックウッドパネルで飾られ、フロアマットにも特別な新素材が採用された。レザートリムが施されたトランクスペースには、クローム製のラゲッジフックや、ブラックレザーのサイドポケット、カーペットなどが装備される。

エクステリアでは、ダークシャイニング加工が施されたクロームパーツが特別な装備。足元は、手で仕上げられたポリッシュキャリパー(ブレンボ製)とサテン仕上げのアルミホイールでコントラストが映えるルックスとなっている。Bピラーには「Award Edition」と刻まれるプレートが備わる。

ボディカラーはパールメタリックグレーとブラックの2色で、いずれも特別限定色となる。価格はベース車より155.0万円高い1850.0万円。デリバリー開始は2011年2月の予定だ。

(webCG 本諏訪)


マセラティ・クアトロポルテに限定車の画像
ポルトローナフラウ製レザーと多孔加工のアルカンターラが組み合わされた専用シート。
ポルトローナフラウ製レザーと多孔加工のアルカンターラが組み合わされた専用シート。
アルミ製のサイドシルにも「Award Edition」のロゴが。
アルミ製のサイドシルにも「Award Edition」のロゴが。

マセラティ・クアトロポルテに限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
ホームへ戻る