VWゴルフシリーズ エコカー減税車拡大

2010.09.16 自動車ニュース

VGJ、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」のエコカー減税対象車拡大

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は2010年9月16日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」に搭載する1.4リッターTSIツインチャージャーエンジンを改良し、販売を開始した。

今回、「ゴルフTSIハイライン」「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」に搭載される1.4リッターTSIツインチャージャーエンジンに国内向けの改良が施され「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」をクリア。エコカー減税(50%)の対象となった。
具体的な減税額は、「ゴルフTSIハイライン」が9万円、「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」は9万2100円となる。
なお、両モデルの10・15モード燃費は今回の変更に伴って16.0km/リッターとなり、わずかに悪化している。(従来モデルは16.2km/リッター)

価格は従来モデルの3万円アップで、「ゴルフTSIハイライン」が315万円、「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」は325万円。

(webCG ワタナベ)

「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る