VWゴルフシリーズ エコカー減税車拡大

2010.09.16 自動車ニュース

VGJ、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」のエコカー減税対象車拡大

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は2010年9月16日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」に搭載する1.4リッターTSIツインチャージャーエンジンを改良し、販売を開始した。

今回、「ゴルフTSIハイライン」「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」に搭載される1.4リッターTSIツインチャージャーエンジンに国内向けの改良が施され「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」をクリア。エコカー減税(50%)の対象となった。
具体的な減税額は、「ゴルフTSIハイライン」が9万円、「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」は9万2100円となる。
なお、両モデルの10・15モード燃費は今回の変更に伴って16.0km/リッターとなり、わずかに悪化している。(従来モデルは16.2km/リッター)

価格は従来モデルの3万円アップで、「ゴルフTSIハイライン」が315万円、「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」は325万円。

(webCG ワタナベ)

「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」

関連キーワード:
ゴルフゴルフヴァリアントフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R」にさらなる高性能モデル登場 2017.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月23日、「ゴルフGTI」および「ゴルフR」に特別仕様車「ゴルフGTIパフォーマンス」「ゴルフRパフォーマンス」をそれぞれ設定し、前者が500台、後者が100台の台数限定で発売した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る