VWシロッコ 装備を一部見直し、発売

2010.09.15 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・シロッコ」の仕様・装備を変更 エコカー減税対象に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年9月15日、スポーツクーペ「シロッコ」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

今回の変更では、「シロッコTSI」に搭載する1.4リッターツインチャージャーTSIエンジンに国内向けの改良を施し、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成。燃費も15.4km/リッターを達成し「平成22年度燃費基準値+15%」もクリアしたことで、エコカー減税(50%)対象車となった。
また、これまで標準装備だったナビゲーションシステムをオプション設定とするなど一部装備の見直しを実施。価格は従来モデルより44万円引き下げられ348万円に設定された。

上級グレード「シロッコ 2.0TSI」も、標準装備のHDDナビゲーションシステムにリアビューカメラ“Rear Assist”が追加されるなど装備の見直しが図られた。価格は従来モデルより3万円アップして460万円。

なお、今回の変更で、シロッコ全グレードのタイヤが、クギなどによるパンクに耐性のある「モビリティタイヤ」に変更された。

(webCG ワタナベ)

「フォルクスワーゲン・シロッコ2.0TSI」
「フォルクスワーゲン・シロッコ2.0TSI」 拡大
「フォルクスワーゲン・シロッコTSI」
「フォルクスワーゲン・シロッコTSI」 拡大

関連キーワード:
シロッコフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • ワンランク上の「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」限定車発売 2018.5.30 自動車ニュース VGJは、2019年に「ザ・ビートル」が日本で販売終了することに伴う“See You The Beetle キャンペーン”の第3弾として「ザ・ビートル エクスクルーシブ」を発売すると発表した。同車は、ナパレザーシートの採用など上質な内外装が特徴の限定モデル。
  • フォルクスワーゲン、限定車「ザ・ビートル デューン」を発売 2017.6.27 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」が300台限定で発売された。1.4リッターターボエンジンを搭載する「Rライン」をベースに、アンダーガード付き前後バンパーや大型リアスポイラーが装着される。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
ホームへ戻る