VWシロッコ 装備を一部見直し、発売

2010.09.15 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・シロッコ2.0TSI」
VWシロッコ 装備を一部見直し、発売

「フォルクスワーゲン・シロッコ」の仕様・装備を変更 エコカー減税対象に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年9月15日、スポーツクーペ「シロッコ」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

「フォルクスワーゲン・シロッコTSI」
VWシロッコ 装備を一部見直し、発売

今回の変更では、「シロッコTSI」に搭載する1.4リッターツインチャージャーTSIエンジンに国内向けの改良を施し、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成。燃費も15.4km/リッターを達成し「平成22年度燃費基準値+15%」もクリアしたことで、エコカー減税(50%)対象車となった。
また、これまで標準装備だったナビゲーションシステムをオプション設定とするなど一部装備の見直しを実施。価格は従来モデルより44万円引き下げられ348万円に設定された。

上級グレード「シロッコ 2.0TSI」も、標準装備のHDDナビゲーションシステムにリアビューカメラ“Rear Assist”が追加されるなど装備の見直しが図られた。価格は従来モデルより3万円アップして460万円。

なお、今回の変更で、シロッコ全グレードのタイヤが、クギなどによるパンクに耐性のある「モビリティタイヤ」に変更された。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロッコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る