日産、「セドリックセダン」を一部改良

2010.09.14 自動車ニュース

日産、「セドリックセダン」を一部改良

日産自動車は2010年9月13日、「セドリックセダン」を一部改良し、販売を開始した。

現行「セドリックセダン」の型式は「Y31」。登場したのは1987年6月だ。個人向けがY32、Y33、Y34型へとフルモデルチェンジしていっても、基本的なカタチを変えずにマイナーチェンジを繰り返し、今に至る。現在は営業専用車として、タクシー会社を中心とする法人需要に支えられている。

搭載エンジンは、2リッター直4 LPG仕様の「NA20PE」型。燃料供給方式は、これまでキャブレター式が採用されていた。

今回の一部改良では、燃料供給方式が液噴式に改められ、エンジン制御がすべて電子制御化された。トランスミッションも電子制御化され、ロックアップ機能が追加された。また、低燃費タイヤ(サイズは195/65R15)の採用のほか、アイドリングストップ時間を表示する積算計や瞬間燃費計が全車に標準装備されるなど、燃費向上策がとられた。

このほか前後サイドガラスとバックガラスにUVカット断熱ガラスが標準装備されたほか、後席シートベルトの中央席と外側席のバックルおよびタング部が色分けされた。これは後席シートベルトを装着しやすくするためで、「タクシー仕様」ならではの配慮といえるだろう。

価格は、221万3400円から271万1100円。

(webCG 曽宮)

「日産セドリックセダン」
「日産セドリックセダン」

日産、「セドリックセダン」を一部改良の画像

日産、「セドリックセダン」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「セドリック」、「グロリア」40周年記念車を発売 2000.1.13 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」、「グロリア」誕生40周年を記念して、「40thAnniversary」を設定し、1月7日から発売した。今回発売された「40th Anniversary」は、セドリックの「300LV」「250LV」、グロリアの「300TX」「250TX」をベースに、記念キー、記念エンブレム、運転席オートスライドなどの特別装備を採用している。セドリック「300LV 40th Anniversary」には、後席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを、「250LV 40th Anniversary」には、助手席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを採用し、ラグジュアリーな雰囲気を強調、グロリア「300TX 40th Anniversary」、「250TX 40thAnniversary」には、215/50R17タイヤと17インチアルミホイールを採用、スポーティさを強調した。価格はセドリック「250LV 40th Anniversary」が349.0万円、「300LV 40thAnniversary」が388.0万円、グロリア「250TX 40th Anniversary」が353.0万円、「300TX 40th Anniversary」が385.0万円となる。新型セドリックのセールスは、ライバルのトヨタ・クラウンに比べると精彩を欠くものになっているようです。テコいれは「40周年記念モデル」というよりも、クラウン・アスリートに対して本家本元と言える「グランツーリスモ」の登場ではなかったか? と、私はこの場をかりてカルロス氏に進言させていただきます。(Web CGあらい)
  • 日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ 1999.6.29 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」および「グロリア」をフルモデルチェンジし、6月28日より発売した。新型「日産セドリック」および「グロリア」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースに、2.5リッターおよび3リッターの6気筒エンジンを搭載している。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2本立てである。新型「日産セドリック/グロリア」は、2800ミリのホイールベースをもち、そこに全長x全幅x全高=4865x1770x1440ミリの4ドアボディを載せている。スタイリングは「デザインの革新」と謳われているように、新型「セドリック/グロリア」の大きな特徴のひとつに数えられている。エンジンは4種類、用意されている。3リッターV型6気筒DOHCターボ「VQ30DET」(280馬力)を筆頭に、3リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ30DD」(240馬力)、2.5リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ25DD」(210馬力)、そして2.5リッター直列6気筒DOHCターボ「RB25DET」(260馬力)となる。V6はすべてLEV(低公害エンジン)である。駆動方式は後輪駆動で、直6エンジンは4輪駆動システムとのみ組み合わせられる。新型「セドリック」のラインナップは「300VIP」(494.0万円/東京・大阪・名古屋以下同)をはじめ、「300LX」(421.0万円〜)、「300LV」(378.0万円〜)、「250LV」(343.0万円)、「250L」(311.0万円)、そして「250LV FOUR」(399.0万円)と「250L FOUR」(364.0万円)となる。グロリアは「300ULTIMA Vパッケージ」をはじめ、「300TX」「250TX」「250T」、そして4WDの「250TX FOUR」と「250T FOUR」で構成されている。ちなみに今回、グランツーリスモの設定はない。「グロリア」のTVコマーシャルのキャラクターはバージングループ会長のリチャード・ブランスンだ。なぜだ? けっこう考えさせられる起用である。(Web CG オガワ)
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る