日産、「セドリックセダン」を一部改良

2010.09.14 自動車ニュース

日産、「セドリックセダン」を一部改良

日産自動車は2010年9月13日、「セドリックセダン」を一部改良し、販売を開始した。

現行「セドリックセダン」の型式は「Y31」。登場したのは1987年6月だ。個人向けがY32、Y33、Y34型へとフルモデルチェンジしていっても、基本的なカタチを変えずにマイナーチェンジを繰り返し、今に至る。現在は営業専用車として、タクシー会社を中心とする法人需要に支えられている。

搭載エンジンは、2リッター直4 LPG仕様の「NA20PE」型。燃料供給方式は、これまでキャブレター式が採用されていた。

今回の一部改良では、燃料供給方式が液噴式に改められ、エンジン制御がすべて電子制御化された。トランスミッションも電子制御化され、ロックアップ機能が追加された。また、低燃費タイヤ(サイズは195/65R15)の採用のほか、アイドリングストップ時間を表示する積算計や瞬間燃費計が全車に標準装備されるなど、燃費向上策がとられた。

このほか前後サイドガラスとバックガラスにUVカット断熱ガラスが標準装備されたほか、後席シートベルトの中央席と外側席のバックルおよびタング部が色分けされた。これは後席シートベルトを装着しやすくするためで、「タクシー仕様」ならではの配慮といえるだろう。

価格は、221万3400円から271万1100円。

(webCG 曽宮)

「日産セドリックセダン」
「日産セドリックセダン」 拡大

日産、「セドリックセダン」を一部改良の画像 拡大

日産、「セドリックセダン」を一部改良の画像 拡大

関連キーワード:
セドリック日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場 2004.1.15 自動車ニュース 日産自動車は、タクシーなどに用いられる「セドリック・セダン」営業車に、V6のLPG(液化天然ガス)エンジンを搭載した「ブロアム」を追加設定、2004年1月13日に発売した。同エンジン搭載車は2002年8月に一旦生産中止されたが、動力性能などを向上させて再登場となった。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 第98回:カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去 2018.7.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第98回は「カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去」。フェラーリを愛する筆者が自ら“黒歴史”と言い放った過去の愛車とは? 日産ヘリテージコレクションで出会った、青春時代の愛車を振り返る。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る