アウディ、「S5カブリオレ」を発表

2010.09.13 自動車ニュース

4シーターオープン「アウディS5カブリオレ」発表

アウディジャパンは2010年9月13日、4シーターオープンモデル「S5カブリオレ」を発表、同日販売を開始した。

■よりスポーティなカブリオレ

「S5カブリオレ」は、2009年7月に発売された「A5カブリオレ」のスポーティバージョンである。

エクステリアでは、シルバー塗装のサイドミラーやクロームのサイドウィンドウモールディングなどが、スタンダードモデルとの違いをアピール。インテリアもカーボンデコラティブパネルやシルクナッパレザーのSスポーツシートなどがおごられ、スポーティに装われている。

パワーユニットには「S4」にも搭載されるスーパーチャージャー付き3リッターV6直噴ガソリンエンジン(333ps、44.9kgm)が採用された。組み合わされるトランスミッションは7段のSトロニック。前後トルク配分を行うクワトロシステムに加え、リア左右の駆動力配分を可変制御する「スポーツディファレンシャル」も装備し、ダイナミック性能の向上を図ったという。
ダンパーの減衰力やトランスミッションのシフトプログラム、エンジンレスポンスを4つのモードから任意に選ぶことができる「アウディドライブセレクト」も標準で装備される。

ハンドル位置は左右を選ぶことができる。価格は939.0万円

■A5カブリオレは2リッターターボに

同時に、「A5カブリオレ」のエンジンが改められた。
発売時には3.2リッターV6が搭載されていたが、これを2リッター直4ターボにダウンサイジング。最高出力は211psとなった。トランスミッションは従来と同様に7段Sトロニックを採用。クワトロシステムを介して4輪を駆動するのも変わらない。
3.2リッターモデルからウッドのデコラティブパネルやパーキングアシストシステムなどが省かれたものの、走りの装備やその他の機能装備は従来型同等とされた。

右ハンドル仕様のみが用意され、価格は648.0万円。従来型より、136万円のプライスダウンとなった。

(webCG 本諏訪)

 
アウディ、「S5カブリオレ」を発表の画像
 
アウディ、「S5カブリオレ」を発表の画像
 
アウディ、「S5カブリオレ」を発表の画像
※ 写真はすべて「S5カブリオレ」のもの。
※ 写真はすべて「S5カブリオレ」のもの。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る