アウディ、「S5カブリオレ」を発表

2010.09.13 自動車ニュース

4シーターオープン「アウディS5カブリオレ」発表

アウディジャパンは2010年9月13日、4シーターオープンモデル「S5カブリオレ」を発表、同日販売を開始した。

■よりスポーティなカブリオレ

「S5カブリオレ」は、2009年7月に発売された「A5カブリオレ」のスポーティバージョンである。

エクステリアでは、シルバー塗装のサイドミラーやクロームのサイドウィンドウモールディングなどが、スタンダードモデルとの違いをアピール。インテリアもカーボンデコラティブパネルやシルクナッパレザーのSスポーツシートなどがおごられ、スポーティに装われている。

パワーユニットには「S4」にも搭載されるスーパーチャージャー付き3リッターV6直噴ガソリンエンジン(333ps、44.9kgm)が採用された。組み合わされるトランスミッションは7段のSトロニック。前後トルク配分を行うクワトロシステムに加え、リア左右の駆動力配分を可変制御する「スポーツディファレンシャル」も装備し、ダイナミック性能の向上を図ったという。
ダンパーの減衰力やトランスミッションのシフトプログラム、エンジンレスポンスを4つのモードから任意に選ぶことができる「アウディドライブセレクト」も標準で装備される。

ハンドル位置は左右を選ぶことができる。価格は939.0万円

■A5カブリオレは2リッターターボに

同時に、「A5カブリオレ」のエンジンが改められた。
発売時には3.2リッターV6が搭載されていたが、これを2リッター直4ターボにダウンサイジング。最高出力は211psとなった。トランスミッションは従来と同様に7段Sトロニックを採用。クワトロシステムを介して4輪を駆動するのも変わらない。
3.2リッターモデルからウッドのデコラティブパネルやパーキングアシストシステムなどが省かれたものの、走りの装備やその他の機能装備は従来型同等とされた。

右ハンドル仕様のみが用意され、価格は648.0万円。従来型より、136万円のプライスダウンとなった。

(webCG 本諏訪)

 
アウディ、「S5カブリオレ」を発表の画像
 
アウディ、「S5カブリオレ」を発表の画像
 
アウディ、「S5カブリオレ」を発表の画像
※ 写真はすべて「S5カブリオレ」のもの。
※ 写真はすべて「S5カブリオレ」のもの。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • アウディ、新型「R8スパイダー」を発売 2017.6.7 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年6月6日、フラッグシップスポーツカーのオープントップモデル「R8スパイダー」の新型を発売した。2017年3月28日に日本導入が発表されており、当時アナウンスされていた7月上旬から、1カ月ほど前倒しでの発売となった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る