新世代クワトロ搭載 「RS 5」発売

2010.09.13 自動車ニュース

ハイパフォーマンスクーペ「アウディRS 5」デビュー

ハイパフォーマンスクーペ「アウディRS 5」デビュー

アウディジャパンは2010年9月13日、ハイパフォーマンスクーペ「RS 5」を発表。同日販売を開始した。

「ハイパフォーマンスなエンジンと安定したクワトロの走りが、スッと非日常の世界へ連れて行ってくれる」と、「RS 5」の走りを評した、アウディジャパンの大喜多寛社長。
「ハイパフォーマンスなエンジンと安定したクワトロの走りが、スッと非日常の世界へ連れて行ってくれる」と、「RS 5」の走りを評した、アウディジャパンの大喜多寛社長。
タイヤは前後共に265/35R19サイズを装着する。
タイヤは前後共に265/35R19サイズを装着する。

■新世代クワトロシステムを採用

アウディの2ドアクーペ「A5」のハイパフォーマンスモデル「RS 5」が日本でお披露目となった。2010年3月のジュネーブショーにおいてワールドプレミアされたモデルで、最新の「RS」にふさわしい新技術が盛り込まれている。開発は、アウディのスポーツモデルを手がけるクワトロGmbHが担当した。

ボンネット下に収まるのは、450psを発生する高回転型の4.2リッターV8エンジン。7段のSトロニックトランスミッションが組み合わされ、初搭載となる新世代クワトロシステムを介して4輪を駆動する。

ハンドル位置は左右から選ぶことができ、ボディカラーは7色をラインナップ。価格は1204.0万円となる。

■手組みの専用エンジン

RS 5は全長×全幅×全高=4650×1860×1375mmと、ベースとなるA5クーペに比べて、25mm長く5mm幅広いディメンションを持つ。車重は1790kgで、「A5 2.0TFSIクワトロ」より160kg重い。

エクステリアは「RSモデル」らしく、力強い存在感をアピール。フロントマスクにはマットアルミ調の縁取りが施された、メッシュの大型シングルフレームグリルが採用された。サイドビューで目を引くのは、前後のブリスターフェンダーで、これは往年のスポーツクーペ「アウディクワトロ」を思わせるディテールだ。
インテリアはシルクナッパレザーを用い、カーボンパネルなどを各所に配したスポーティなもの。前席にはRS専用デザインのスポーツシートが装着される。

エンジンはバンク角90度の4.2リッターV8直噴エンジンを採用。他のV8エンジンとは違い、手組みで生産されるというこのスペシャルユニットは、最高出力450ps/8250rpmと最大トルク43.8kgm/4000-6000rpmを発生する。トランスミッションはV8ユニットとは初の組み合わせとなる7段Sトロニックが採用された。
惰性走行中や減速中にブレーキエネルギーをバッテリーに蓄え、加速時に用いるという回生システムも採用され、燃費向上に貢献する。10・15モード燃費は7.8km/リッター。


新世代クワトロ搭載 「RS 5」発売の画像

新世代クワトロ搭載 「RS 5」発売の画像
トランクリッドに組み込まれるリアスポイラーは、約120km/hで自動的にリフトアップし、走行安定性を高める。
トランクリッドに組み込まれるリアスポイラーは、約120km/hで自動的にリフトアップし、走行安定性を高める。

■走りの機能が大幅進化

サスペンションなどの基本構造はA5のそれを引き継ぐが、ブッシュやスタビライザーなどを含めて、スポーティなキャラクターにセッティングされている。

RS 5最大のトピックともいえるのが、新世代クワトロシステムの採用である。従来のトルセンデフに換え、クラウンギア式のセンターディファレンシャルを搭載。ユニット単体で約2kgの軽量を果たし、コンパクト化を実現したとうたわれる。
トルク配分は通常時で前40:後60だが、走行状況に応じて70:30〜15:85まで変化する。より多く後輪に配分できるようになったのも新クワトロシステムの特徴(従来は前20:後80が最大)。
後輪左右のトルク配分を可変制御する、スポーツディファレンシャルも標準装備される。

さらに「エレクトロニック・トルクベクタリングシステム」も採用された。ESPの付加機能として働くもので、高速コーナリング時などに内輪の荷重が減り、ホイールスピンの兆候を察知すると、そのホイールにわずかにブレーキをかけてホイールスピンを回避するという仕組み。こちらは前輪にも機能するため、先のスポーツディファレンシャルと合わせて、4輪それぞれのトルク配分を制御することが可能になったことになる。
なお、ESPは「トラクションコントロールオフ」「ESP機能完全停止」の2段階にキャンセルが可能で、クローズドコースなどのスポーツ走行にも対応する。

上記、走りの特性に加え、エンジンのスロットルや変速タイミング、パワステのアシストまで、走りのキャラクターをカスタマイズモードを加えた4つのモードから任意に選ぶことができる、「アウディドライブセレクト」も装備された。

12セグ対応のHDDナビゲーションシステムやバング&オルフセンサウンドシステム、リアビューカメラ付きアウディパーキングシステムなどの快適装備も、標準で備わる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る