2010年中に生産開始! レクサスCT200h

2010.09.13 自動車ニュース
「レクサスCT200h」
2010年中に生産開始!「レクサスCT200h」

レクサス、「CT200h」の詳細を公開

トヨタ自動車は、レクサスブランド初となるコンパクトハイブリッド車「CT200h」の詳細を発表した。

■パフォーマンスダンピングシステムを初採用

「レクサス CT200h」は、2010年3月のジュネーブショーで発表されたハイブリッド専用車。レクサスとしては初めてのハッチバック車で、2010年後半に生産が開始される予定だ。「HS250h」や「RX」「IS」「ES」(北米専用車)などと同じく九州工場で生産され、欧米をはじめ各国に輸出される。

注目のハイブリッドシステムは、噂どおり、プリウスと同じものが採用される。1.8リッターエンジン(99ps)に電気モーター(82ps)を組み合わせたフルハイブリッド方式で、システム最高出力136psを発生。資料によると、0-96km/h加速は9.8秒、最高速は112マイル(180km)だ。

一方、サスペンションは、「CT200h」専用に開発されたものが与えられる。フロントは、専用スプリングやショックアブソーバー、バンプストップを用いた改良型のマクファーソンストラット式、リアは完全新設計のダブルウイッシュボーン式となる。


2010年中に生産開始! レクサスCT200hの画像
「パフォーマンス・ダンピングシステム」がフロントとリアに採用される。
「パフォーマンス・ダンピングシステム」がフロントとリアに採用される。

そのほか注目したいのは、レクサスとして初めて「パフォーマンス・ダンピングシステム」が採用されたこと。剛性アップパーツの定番であるタワーバーに、ダンパー機能を与えたパフォーマンス・ダンピングシステムは、ねじり剛性の向上のほか、振動の吸収やノイズ低減にも効果があるとされている。「CT200h」では左右のフロントストラットタワーの結合、およびリアバックパネル下部にこれが用いられ、その結果、フロア振動の低減、フロントストラットタワーのたわみの減少、オーディオノイズ低減などの効果が確認されたという。

ステアリングギアボックスをサスペンションメンバーに直付けしたことで、リニアなステアリングフィールと優れた直進安定性が得られたというのも、走りに関するアピールポイントのひとつとなっている。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る