【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1810kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(203ps/6000rpm、30.6kgm/1750-4000rpm)/価格=499.0万円(テスト車=586.0万円)

ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT)【ブリーフテスト】

ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT) 2010.09.13 試乗記 ……586.0万円
総合評価……★★★★★
いまやボルボの看板車種となったクロスオーバーモデル「XC60」。2009年8月の国内デビューから1年後に追加された「T5 SE」をテストした。



ボルボXC60 T5 SE(FF/5AT)【ブリーフテスト】

4WDが不要なら

中型クラスのSUVを求めるにあたり、たとえ緊急時であれ4WDを必要とする環境ならば、やはり4WD車を買うべきだと思う。ただし、ちょっとした平地の降雪程度ならばFFで十分許容するし、単にSUV的なスタイリングや視界のいい高めの運転席が欲しいだけならば、「XC60 T5 SE」はオススメできる。
外観は4WD車と同じ。駆動系のほか、エンジンや装備にも違いはあるが、上級モデルとの価格差は100万円以上と大きい。ボルボといえば高価格なイメージもあるが、これはお買い得なボルボといえよう。

今回テストした、都心部、高速道路、山間部を適当にとりまぜたいつものステージ268.2kmの平均燃費は7.1km/リッターであったが、別の機会に3日で約3000kmを走破した際には、ドライブコンピューター上の総平均で10.5km/リッターと2けたを記録した。車重が軽いことも、好燃費につながっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 特集 ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • 第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる 2015.7.30 特集 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。
ホームへ戻る