【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1810kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(203ps/6000rpm、30.6kgm/1750-4000rpm)/価格=499.0万円(テスト車=586.0万円)

ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT)【ブリーフテスト】

ボルボXC60 T5 SE(FF/6AT) 2010.09.13 試乗記 ……586.0万円
総合評価……★★★★★
いまやボルボの看板車種となったクロスオーバーモデル「XC60」。2009年8月の国内デビューから1年後に追加された「T5 SE」をテストした。



ボルボXC60 T5 SE(FF/5AT)【ブリーフテスト】

4WDが不要なら

中型クラスのSUVを求めるにあたり、たとえ緊急時であれ4WDを必要とする環境ならば、やはり4WD車を買うべきだと思う。ただし、ちょっとした平地の降雪程度ならばFFで十分許容するし、単にSUV的なスタイリングや視界のいい高めの運転席が欲しいだけならば、「XC60 T5 SE」はオススメできる。
外観は4WD車と同じ。駆動系のほか、エンジンや装備にも違いはあるが、上級モデルとの価格差は100万円以上と大きい。ボルボといえば高価格なイメージもあるが、これはお買い得なボルボといえよう。

今回テストした、都心部、高速道路、山間部を適当にとりまぜたいつものステージ268.2kmの平均燃費は7.1km/リッターであったが、別の機会に3日で約3000kmを走破した際には、ドライブコンピューター上の総平均で10.5km/リッターと2けたを記録した。車重が軽いことも、好燃費につながっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
ホームへ戻る