第159回:どっこい12年人生! イタリア車界の怪物

2010.09.11 エッセイ

第159回:どっこい12年人生! イタリア車界の怪物

ニューモデルラッシュの陰で

欧州の自動車業界は9月になると途端に活気づく。毎年交互に行われるパリとフランクフルトのモーターショーに向けて、コンセプトカーや新モデルイヤー向けのクルマが百花繚乱(りょうらん)となるためだ。

いっぽうで、どっこい12年、そのルーツまで含めると19年も生き延びてきたモデルがある。その名を「フィアット・セイチェント」という。

セイチェントがデビューしたのは、1998年の3月である。「Seicento」とはイタリア語で600を意味する。1955年に誕生し、イタリアの戦後モータリゼーションを支えた「フィアット600」の名前を復活させたものだ。

ボディサイズは全長3337mm×全幅1508mm×全高1420mmである。搭載されているエンジンは4気筒1108ccだ。フィアット愛好歴が長い人なら覚えているであろう「Fire(ファイア)」エンジンの生き残りである。全幅をわずか2.8cm縮めて、しかるべきエンジンをのっければ、日本の軽規格に収まるといえば、読者諸兄にもイメージしていただきやすいだろうか。

カタログ上の0-100km/hは14.5秒、最高速は150km/h、燃費は4.7リッター/100km(約21.7km/リッター)だ。イタリアで標準仕様には、付加価値税込み7800ユーロ(約83万円)のプライスタグがつけられている。

「フィアット・セイチェント」
2005年に“元祖”誕生半世紀を記念してマイナーチェンジが行われた。
第159回:どっこい12年人生! イタリア車界の怪物
フィアットブランドのエントリーモデルとは思えぬしゃれたインテリア。
第159回:どっこい12年人生! イタリア車界の怪物
フィアットのおひざ元、トリノにて。
第159回:どっこい12年人生! イタリア車界の怪物

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。