ルノー・コレオス、装備を見直し新発売

2010.09.09 自動車ニュース

「ルノー・コレオス」、装備を見直し新発売

ルノー・ジャポンは、マイナーチェンジが実施された「コレオス」を日本に導入。2010年9月22日に発売する。

2009年5月に日本上陸を果たしたルノー初のクロスオーバーモデル「コレオス」に、手直しが施された。

もっとも変更点が多いのはエントリーグレードで、ルーフレールやバックソナー、ワンタッチ式のリアシート可倒レバー、リアセンターアームレスト、さらにBluetooth機能付きオーディオシステムなどの装備を追加。車名もシンプルな「コレオス」から「コレオス ダイナミック」へと変更された。

標準グレードとされる「コレオス プレミアム」と最上級の「コレオス プレミアム グラスルーフ」は、ホイールのデザインが新しくなり、センターコンソールがカーボン調のパネルで飾られた。
こちらも、Bluetooth機能付きオーディオシステムが与えられ、さらに、iPodなどUSBデバイスの接続もできるようになった。

また、全グレードでリアスポイラーが新形状の大きなものに変更された。

ボディカラーの変更もポイント。「ブルー アシエ」をはじめ新色が4色。合計7色でラインナップする。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・ダイナミック:319万8000円(※)
・プレミアム:349万8000円
・プレミアム グラスルーフ:359万8000円(※)

標準グレード「プレミアム」以外の2モデル(※印)は、受注生産となる。

(webCG 関)

「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。
「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。

ルノー・コレオス、装備を見直し新発売の画像

関連キーワード:
コレオスルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸 2017.8.31 自動車ニュース 「カジャーBose」は、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • ルノー・キャプチャー ゼン(FF/6AT)【試乗記】 2014.4.8 試乗記 単なるお買い得仕様にあらず。「ルノー・キャプチャー」のエントリーグレード「ゼン」の、上級グレードとはひと味違う魅力に触れた。
ホームへ戻る