ルノー・コレオス、装備を見直し新発売

2010.09.09 自動車ニュース

「ルノー・コレオス」、装備を見直し新発売

ルノー・ジャポンは、マイナーチェンジが実施された「コレオス」を日本に導入。2010年9月22日に発売する。

2009年5月に日本上陸を果たしたルノー初のクロスオーバーモデル「コレオス」に、手直しが施された。

もっとも変更点が多いのはエントリーグレードで、ルーフレールやバックソナー、ワンタッチ式のリアシート可倒レバー、リアセンターアームレスト、さらにBluetooth機能付きオーディオシステムなどの装備を追加。車名もシンプルな「コレオス」から「コレオス ダイナミック」へと変更された。

標準グレードとされる「コレオス プレミアム」と最上級の「コレオス プレミアム グラスルーフ」は、ホイールのデザインが新しくなり、センターコンソールがカーボン調のパネルで飾られた。
こちらも、Bluetooth機能付きオーディオシステムが与えられ、さらに、iPodなどUSBデバイスの接続もできるようになった。

また、全グレードでリアスポイラーが新形状の大きなものに変更された。

ボディカラーの変更もポイント。「ブルー アシエ」をはじめ新色が4色。合計7色でラインナップする。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・ダイナミック:319万8000円(※)
・プレミアム:349万8000円
・プレミアム グラスルーフ:359万8000円(※)

標準グレード「プレミアム」以外の2モデル(※印)は、受注生産となる。

(webCG 関)

「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。
「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。 拡大
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。 拡大
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。 拡大
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。 拡大

ルノー・コレオス、装備を見直し新発売の画像 拡大

関連キーワード:
コレオスルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る