ルノー・コレオス、装備を見直し新発売

2010.09.09 自動車ニュース

「ルノー・コレオス」、装備を見直し新発売

ルノー・ジャポンは、マイナーチェンジが実施された「コレオス」を日本に導入。2010年9月22日に発売する。

2009年5月に日本上陸を果たしたルノー初のクロスオーバーモデル「コレオス」に、手直しが施された。

もっとも変更点が多いのはエントリーグレードで、ルーフレールやバックソナー、ワンタッチ式のリアシート可倒レバー、リアセンターアームレスト、さらにBluetooth機能付きオーディオシステムなどの装備を追加。車名もシンプルな「コレオス」から「コレオス ダイナミック」へと変更された。

標準グレードとされる「コレオス プレミアム」と最上級の「コレオス プレミアム グラスルーフ」は、ホイールのデザインが新しくなり、センターコンソールがカーボン調のパネルで飾られた。
こちらも、Bluetooth機能付きオーディオシステムが与えられ、さらに、iPodなどUSBデバイスの接続もできるようになった。

また、全グレードでリアスポイラーが新形状の大きなものに変更された。

ボディカラーの変更もポイント。「ブルー アシエ」をはじめ新色が4色。合計7色でラインナップする。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・ダイナミック:319万8000円(※)
・プレミアム:349万8000円
・プレミアム グラスルーフ:359万8000円(※)

標準グレード「プレミアム」以外の2モデル(※印)は、受注生産となる。

(webCG 関)

「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。
「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。

ルノー・コレオス、装備を見直し新発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コレオスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
ホームへ戻る