【スペック】全長×全幅×全高=3600×1655×1470mm/ホイールベース=2365mm/車重=1032kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC16バルブターボ(100ps/5500rpm、14.8kgm/3000rpm)/価格=222万2000円(テスト車=同じ)

ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ(FF/5MT)【試乗記】

ライバルはルノースポール 2010.09.08 試乗記 ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ(FF/5MT)
……222万2000円

ルノーのコンパクト「トゥインゴ」に22台限定のスペシャル版が登場。さまざまなパーツが組み込まれて、その走りはどう変わった?

期待のネーミング

「クープ・デ・ザルプ(Coupe des Alpes)」。なんだか舌をかみそうな名前だが、それを聞いてピンと来たひとはかなりのルノー通。かつての“ルノーワークス”であり、「ルノースポール」が現れるまでルノーのハイパフォーマンスモデルとされていた「アルピーヌ」、その創設者であるジャン・レデレ−氏が、1954年に「ルノー4CV」で優勝を飾った山岳ラリーが「Coupe des Alps」(以下、CdA)なのだ。ちなみに、アルピーヌの語源もまた、そのアルペンラリーでの勝利に由来している。

そんな由緒正しくもロマンチックな名前を冠したモデルが、「4CV」の末裔(まつえい)であるコンパクトモデルに登場した。ベースとなるのは「トゥインゴGT」。100ps、14.8kgmを発生する1.2リッター直4ターボユニットに5段MTを組み合わせる、ルノーで一番小さな3ドアハッチバックである。

「トゥインゴCdA」用のスペシャルパーツを開発したのは、日本におけるルノーチューナーの雄「SiFo(シーフォ)」。かつて「ルノー・スピダー」でGT選手権にも参戦したウデを生かして、「アルプスを駆け抜けるにふさわしい走り」を「トゥインゴGT」に与えるべくシャシーチューニングを行った。

その要となるのはメンバーブレースだ。フロントロワアームの付け根を結ぶシングルビーム、フロントサブフレーム後端からフロアトンネルにかけてを8点を支持するクロスメンバー、中央フロアトンネルをフロント同様につなぐシングルビーム。さらにリアハッチ開口部下にも、パイプ形状のビームを追加している。

ベースモデル「トゥインゴGT」との違いが全くといっていいほどわからない、「トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」のインテリア。ただし、運転席のみ、着座位置が20mm低くなっている。
ベースモデル「トゥインゴGT」との違いが全くといっていいほどわからない、「トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」のインテリア。ただし、運転席のみ、着座位置が20mm低くなっている。
「クープ・デ・ザルプ」のキモは、床下に。車体のねじり剛性アップを狙って、×型に張られたクロスメンバーのほか、合計3本の補強バーが取り付けられる。
「クープ・デ・ザルプ」のキモは、床下に。車体のねじり剛性アップを狙って、×型に張られたクロスメンバーのほか、合計3本の補強バーが取り付けられる。
ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る