VWティグアンに7段DSG 特別仕様車も

2010.09.07 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に7段DSG 特別仕様車も

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、SUVモデル「ティグアン」に特別仕様車「ライストン」を設定し、2010年9月7日に発売した。

「ライストン」は、「ティグアン」のエントリーグレード「トラック&フィールド」(170ps、28.6kgm)と、上級グレード「スポーツ&スタイル」(200ps、28.6kgm)の中間に位置するモデル。
すなわち、パワーがやや控えめな前者のエンジンと、迫力あるフロントバンパーやスポーツシートを特徴とする後者の内外装を組み合わせる。

一方、トランスミッションは先の2グレード(6段AT)と異なり、新開発の湿式7段DSGが組み合わされ、10・15モードの燃費値は、9.6km/リッターから11.6km/リッターへと約20%向上した。

価格は385.0万円で、これまた「トラック&フィールド」(371.0万円)と「スポーツ&スタイル」(426.0万円)の中間となっている。

あわせて、最上級スポーツモデル「R-Line」のパワートレインが変更された。エンジンが「スポーツ&スタイル」の200psユニットから「トラック&フィールド」の170psユニットに換装され、トランスミッションは特別仕様車「ライストン」と同じ7段DSGとされた。
同時に装備も見直され、カーナビゲーションシステムは廃止、オリジナルスポーツシートの表皮がレザーからファブリックに改められた。

価格も従来の488.0万円から67.0万円引き下げられ、421.0万円となった。

(webCG 関)

「ティグアン ライストン」。ライストンとは、ドイツ語で「性能」「効率」のこと。
「ティグアン ライストン」。ライストンとは、ドイツ語で「性能」「効率」のこと。
「ティグアン ライストン」のインテリア
「ティグアン ライストン」のインテリア
「ティグアンR-Line」
「ティグアンR-Line」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る