VWティグアンに7段DSG 特別仕様車も

2010.09.07 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に7段DSG 特別仕様車も

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、SUVモデル「ティグアン」に特別仕様車「ライストン」を設定し、2010年9月7日に発売した。

「ライストン」は、「ティグアン」のエントリーグレード「トラック&フィールド」(170ps、28.6kgm)と、上級グレード「スポーツ&スタイル」(200ps、28.6kgm)の中間に位置するモデル。
すなわち、パワーがやや控えめな前者のエンジンと、迫力あるフロントバンパーやスポーツシートを特徴とする後者の内外装を組み合わせる。

一方、トランスミッションは先の2グレード(6段AT)と異なり、新開発の湿式7段DSGが組み合わされ、10・15モードの燃費値は、9.6km/リッターから11.6km/リッターへと約20%向上した。

価格は385.0万円で、これまた「トラック&フィールド」(371.0万円)と「スポーツ&スタイル」(426.0万円)の中間となっている。

あわせて、最上級スポーツモデル「R-Line」のパワートレインが変更された。エンジンが「スポーツ&スタイル」の200psユニットから「トラック&フィールド」の170psユニットに換装され、トランスミッションは特別仕様車「ライストン」と同じ7段DSGとされた。
同時に装備も見直され、カーナビゲーションシステムは廃止、オリジナルスポーツシートの表皮がレザーからファブリックに改められた。

価格も従来の488.0万円から67.0万円引き下げられ、421.0万円となった。

(webCG 関)

「ティグアン ライストン」。ライストンとは、ドイツ語で「性能」「効率」のこと。
「ティグアン ライストン」。ライストンとは、ドイツ語で「性能」「効率」のこと。
「ティグアン ライストン」のインテリア
「ティグアン ライストン」のインテリア
「ティグアンR-Line」
「ティグアンR-Line」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る