VWティグアンに7段DSG 特別仕様車も

2010.09.07 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に7段DSG 特別仕様車も

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、SUVモデル「ティグアン」に特別仕様車「ライストン」を設定し、2010年9月7日に発売した。

「ライストン」は、「ティグアン」のエントリーグレード「トラック&フィールド」(170ps、28.6kgm)と、上級グレード「スポーツ&スタイル」(200ps、28.6kgm)の中間に位置するモデル。
すなわち、パワーがやや控えめな前者のエンジンと、迫力あるフロントバンパーやスポーツシートを特徴とする後者の内外装を組み合わせる。

一方、トランスミッションは先の2グレード(6段AT)と異なり、新開発の湿式7段DSGが組み合わされ、10・15モードの燃費値は、9.6km/リッターから11.6km/リッターへと約20%向上した。

価格は385.0万円で、これまた「トラック&フィールド」(371.0万円)と「スポーツ&スタイル」(426.0万円)の中間となっている。

あわせて、最上級スポーツモデル「R-Line」のパワートレインが変更された。エンジンが「スポーツ&スタイル」の200psユニットから「トラック&フィールド」の170psユニットに換装され、トランスミッションは特別仕様車「ライストン」と同じ7段DSGとされた。
同時に装備も見直され、カーナビゲーションシステムは廃止、オリジナルスポーツシートの表皮がレザーからファブリックに改められた。

価格も従来の488.0万円から67.0万円引き下げられ、421.0万円となった。

(webCG 関)

「ティグアン ライストン」。ライストンとは、ドイツ語で「性能」「効率」のこと。
「ティグアン ライストン」。ライストンとは、ドイツ語で「性能」「効率」のこと。
「ティグアン ライストン」のインテリア
「ティグアン ライストン」のインテリア
「ティグアンR-Line」
「ティグアンR-Line」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る