第158回:ドライブデートが最高ムードに変身? 驚異のスナック発見

2010.09.04 エッセイ

第158回:ドライブデートが最高ムードに変身?驚異のスナック発見

【写真1】義姉の履く靴にはイタリア語名が。
第158回:ドライブデートが最高ムードに変身? 驚異のスナック発見

スパゲッティを履く女

フィアットのアメリカ再上陸計画が着々と進んでいる。それによると、米国版「フィアット500」は、「ファイブハンドレッド」ではなく「Cinquecento(チンクエチェント)」と、ユーザーにイタリア語読みしてもらうらしい。
これに限らず、イタリア語というのは、外国で大変イメージが良いようだ。

自動車メーカーで、そのあたりをいちばん心得ているのは、フェラーリだろう。「Modena」「Maranello」「Italia」という、ベタともいえるご当地名を用いている。思い出せば「Enzo」もあった。たとえればホンダが「ソウイチロー」というモデル出すようなものである。

マセラティもしかりで、「Quattroporte」は、イタリア語では単に4ドアを示す言葉である。逆にいえば、もしあなたが「日産ブルバードシルフィ」のオーナーでも、イタリアに来れぱ「クアトロポルテの持ち主」と呼んでもらえるのである。

そうしたイタリアンネームの魔力は、東京に住む義姉の靴に貼られたレッテル【写真1】を見て再確認した。
「Acqua calda(温水)」はまだしも、「Pasta」まであったのだ。Pastaにはさまざまな意味があるものの、やはり本場イタリア人が真っ先に思い浮かべるのは、スパゲッティであろう。イタリア語はもはや意味を超えて、一人歩きしているといってよい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。