レンジローバーに豪華装備のグレード

2010.09.03 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバーヴォーグ Autobiography」(エクステリア・デザインパック装着車)
レンジローバーに豪華装備のグレード

「ランドローバー・レンジローバー」シリーズに豪華装備のグレード追加

ジャガー&ランドローバージャパンは2010年9月、「レンジローバー」シリーズに豪華装備を与えた新グレードを設定するとともに、全車で装備を追加し、発売した。

「ランドローバー・レンジローバースポーツ Autobiography Sport」(エクステリア・デザインパック装着車)
レンジローバーに豪華装備のグレード

新たに追加されたのは、「レンジローバーヴォーグ Autobiography」と「レンジローバースポーツ Autobiography Sport」。これまで「レンジローバーヴォーグ」にオプション設定されていた「Autobiography(オートバイオグラフィ)」が標準車種とされ、1グレードとしてラインナップされた。

オートバイオグラフィは、フロントグリルやサイドベントにノーブルクローム仕上げのメッシュを施し、専用デザインの20インチアロイホイールを装備。インテリアは、デュオトーンのパーフォレイテッド・セミアニリンレザーを採用し、専用のインテリアカラーコンビネーションが用意される。さらに、harman/kardonのオーディオを採用するなど、高級感のある豪華仕様としている。

同時に、全車で「テレイン・レスポンス・システム」を向上させ、急斜面での発進などに役立つ「ヒルスタート・アシスト」と、急勾配(こうばい)でアクセルペダルを制御する「グラディエント・アクセレーション・コントロール」を新規採用し、オフロードの走破性を高めた。

そのほか、デジタルTVチューナーを全車に標準装備したほか、専用デザインのカスタマイズパーツなどで構成される「エクステリア・デザインパック」が新しくオプション設定された。

価格は、以下のとおり。

・レンジローバーヴォーグ 5.0 V8:1330.0万円
・レンジローバーヴォーグ 5.0 V8 Supercharged:1554.0万円
・レンジローバーヴォーグ Autobiography:1654.0万円
・レンジローバースポーツ 5.0 V8:754.0万円
・レンジローバースポーツ 5.0 V8 Supercharged:1104.0万円
・レンジローバースポーツ Autobiography Sport:1154.0万円

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る