【スペック】全長×全幅×全高=4580×1795×1470mm/ホイールベース=2625mm/車重=1490kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(308ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpm)/価格=373万8000円(テスト車=同じ)

スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)【試乗記】

4ドアSTIは終わらない 2010.09.03 試乗記 スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)
……373万8000円
「インプレッサWRX STI」に4ドアモデルが復活。大型リアスポイラーを備えた日本のスポーツカーに試乗して感じたこととは。

みんな歓迎してます

いよいよ2010年9月9日に北海道でWRCラリージャパンが始まる。2年ぶりの開催だからそれなりに騒がれるのかと思っていたら、今のところ、いつもと変わらずという感じだ。これから盛り上がるのだろうか? 開催までもう1週間を切っているし、チケットぴあを見てみたら、札幌ドームで行われるスーパーSSは全日程で空席アリになっていたし……。ラリー好きとして、正直ちょっと心配だ。

PWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)では、新井敏弘選手が「インプレッサWRX STI 5ドア」を駆って頑張っている。ラリー界でインプレッサは現役だ。しかし潮の満ち引きという意味では、スバルがラリー競技のひのき舞台であるWRCから撤退したことで“潮目”が変わってしまったらしい。筆者自身、WRCがシトロエンとフォードの一騎打ちになってしまってから、CS放送のWRC中継を見逃しがちになってしまっている。

「インプレッサWRX STI」の4ドア版がまず今年4月のニューヨークモーターショーで登場し、「日本では売るかどうかは未定です」というつれないコメントがスバルから出てきたときも、大局において、何となくこれと同じにおいがした。何かが引いていくにおい、とでも言おうか。

「インプレッサWRX」といえば4ドア、やはりこれがないと日本のスポーツカーは始まらない。今までとは違って競技を前提としたモデルではないが、いろいろなことが終わっていくこのご時世において、終わらなかったことは、それだけで感慨深い。それが証拠に、このクルマで走っていると、まあ最近めずらしいくらいにアオられる。みんな再登場を歓迎しているとしかいいようがない。

「WRX STI」には赤い「STI」のロゴが入ったバケットタイプのフロントシートが標準装備。オプションでRECARO製シートも設定される。
「WRX STI」には赤い「STI」のロゴが入ったバケットタイプのフロントシートが標準装備。オプションでRECARO製シートも設定される。

スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)【試乗記】の画像

スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る