【スペック】全長×全幅×全高=4580×1795×1470mm/ホイールベース=2625mm/車重=1490kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(308ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpm)/価格=373万8000円(テスト車=同じ)

スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)【試乗記】

4ドアSTIは終わらない 2010.09.03 試乗記 スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)
……373万8000円
「インプレッサWRX STI」に4ドアモデルが復活。大型リアスポイラーを備えた日本のスポーツカーに試乗して感じたこととは。

みんな歓迎してます

いよいよ2010年9月9日に北海道でWRCラリージャパンが始まる。2年ぶりの開催だからそれなりに騒がれるのかと思っていたら、今のところ、いつもと変わらずという感じだ。これから盛り上がるのだろうか? 開催までもう1週間を切っているし、チケットぴあを見てみたら、札幌ドームで行われるスーパーSSは全日程で空席アリになっていたし……。ラリー好きとして、正直ちょっと心配だ。

PWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)では、新井敏弘選手が「インプレッサWRX STI 5ドア」を駆って頑張っている。ラリー界でインプレッサは現役だ。しかし潮の満ち引きという意味では、スバルがラリー競技のひのき舞台であるWRCから撤退したことで“潮目”が変わってしまったらしい。筆者自身、WRCがシトロエンとフォードの一騎打ちになってしまってから、CS放送のWRC中継を見逃しがちになってしまっている。

「インプレッサWRX STI」の4ドア版がまず今年4月のニューヨークモーターショーで登場し、「日本では売るかどうかは未定です」というつれないコメントがスバルから出てきたときも、大局において、何となくこれと同じにおいがした。何かが引いていくにおい、とでも言おうか。

「インプレッサWRX」といえば4ドア、やはりこれがないと日本のスポーツカーは始まらない。今までとは違って競技を前提としたモデルではないが、いろいろなことが終わっていくこのご時世において、終わらなかったことは、それだけで感慨深い。それが証拠に、このクルマで走っていると、まあ最近めずらしいくらいにアオられる。みんな再登場を歓迎しているとしかいいようがない。

「WRX STI」には赤い「STI」のロゴが入ったバケットタイプのフロントシートが標準装備。オプションでRECARO製シートも設定される。
「WRX STI」には赤い「STI」のロゴが入ったバケットタイプのフロントシートが標準装備。オプションでRECARO製シートも設定される。

スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)【試乗記】の画像

スバル・インプレッサWRX STI 4ドア(4WD/6MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)【試乗記】 2012.1.23 試乗記 スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)
    ……184万8000円/266万7000円

    初代のデビューから20年の時を経て「スバル・インプレッサ」が4代目に進化。最新型の仕上がりを、巨匠 徳大寺有恒はどう評価する?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る