三菱アウトランダーの燃費が向上

2010.09.02 自動車ニュース
「三菱アウトランダー 20G」
三菱アウトランダーが燃費向上 グレード変更も

「三菱アウトランダー」が燃費向上 グレード展開見直しも

三菱自動車は、SUVモデル「アウトランダー」シリーズに小変更を施し、2010年9月16日に発売する。

「三菱アウトランダー ROADEST 20G」
三菱アウトランダーが燃費向上 グレード変更も

今回の目玉は、燃費性能の向上だ。減速エネルギーを回生するシステムの制御やエンジン内部のフリクションロスが改善され、2.4リッターモデルの燃費(10・15モード値)は、12.2km/リッターから12.4km/リッターにアップ。2リッターモデルはさらにCVTの制御も見直され、FF車が13.6km/リッター(+0.4km/リッター)に、4WD車は13.2km/リッター(+0.6km/リッター)になった。

そのほか機能面では、緊急ブレーキ時に大きな制動力が得られる「ブレーキアシスト」の作動性や、フロントドアまわりの遮音性が向上。乗降時にランプ類を点灯させるウェルカムライト、カミングホームライトも全グレードで標準装備となった。

AV機能の見直しもポイントで、「ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム」の出力が高められ、iPodなど外部オーディオはステアリングホイール上のスイッチやボイスコマンドでも操作できるようになった。

なお、内外装の変更点は、マフラーカッターやシフトノブのデザインが変更されたに留まる。

これにあわせ、グレード体系も見直された。「24G」の5人乗り仕様がカタログ落ちし、「アウトランダー」は7人乗り仕様のみに。従来のエントリーグレード「20E」も廃止され、本革巻きステアリングホイールなど同グレードより上等なインテリアを与えられた「20M」が新たに設けられるなどした。

価格は「20M」(FF/CVT)の215万2000円から、「ROADEST 24G」(4WD/CVT)の293万円まで。特別仕様車「ROADEST Limited Edition」にも、価格は据え置き(FF車:226万円、4WD車:249万8000円)のまま、同様の変更が施された。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る