三菱アウトランダーの燃費が向上

2010.09.02 自動車ニュース
「三菱アウトランダー 20G」
三菱アウトランダーが燃費向上 グレード変更も

「三菱アウトランダー」が燃費向上 グレード展開見直しも

三菱自動車は、SUVモデル「アウトランダー」シリーズに小変更を施し、2010年9月16日に発売する。

「三菱アウトランダー ROADEST 20G」
三菱アウトランダーが燃費向上 グレード変更も

今回の目玉は、燃費性能の向上だ。減速エネルギーを回生するシステムの制御やエンジン内部のフリクションロスが改善され、2.4リッターモデルの燃費(10・15モード値)は、12.2km/リッターから12.4km/リッターにアップ。2リッターモデルはさらにCVTの制御も見直され、FF車が13.6km/リッター(+0.4km/リッター)に、4WD車は13.2km/リッター(+0.6km/リッター)になった。

そのほか機能面では、緊急ブレーキ時に大きな制動力が得られる「ブレーキアシスト」の作動性や、フロントドアまわりの遮音性が向上。乗降時にランプ類を点灯させるウェルカムライト、カミングホームライトも全グレードで標準装備となった。

AV機能の見直しもポイントで、「ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム」の出力が高められ、iPodなど外部オーディオはステアリングホイール上のスイッチやボイスコマンドでも操作できるようになった。

なお、内外装の変更点は、マフラーカッターやシフトノブのデザインが変更されたに留まる。

これにあわせ、グレード体系も見直された。「24G」の5人乗り仕様がカタログ落ちし、「アウトランダー」は7人乗り仕様のみに。従来のエントリーグレード「20E」も廃止され、本革巻きステアリングホイールなど同グレードより上等なインテリアを与えられた「20M」が新たに設けられるなどした。

価格は「20M」(FF/CVT)の215万2000円から、「ROADEST 24G」(4WD/CVT)の293万円まで。特別仕様車「ROADEST Limited Edition」にも、価格は据え置き(FF車:226万円、4WD車:249万8000円)のまま、同様の変更が施された。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る