フィアット500にオレンジ色の限定車

2010.09.02 自動車ニュース

「フィアット500」にオレンジ色の限定車が登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年9月2日、「フィアット500」シリーズにオレンジ色の日本限定モデル「ARANCIA(アランチャ)」を設定し、発売した。

■日本でしか買えない

「フィアット500 アランチャ」は、「フィアット500」のエントリーグレード「1.2 POP」をベースに、外装とインストルメントパネルを鮮やかな“日本限定色”「ビタミニックオレンジ」とした、限定300台の特別仕様車だ。

そのほか特別装備として、バンパーの一部、サイドウィンドウボトムライン、エキゾーストパイプフィニッシャー、ドアミラーにクローム仕上げのものが採用され、足元には、15インチアルミホイールが装着される。

ドライブトレインは、ベース車両「1.2 POP」から変更はなく、最高出力69psの1.2リッター直4エンジンに5段AT(2ペダルMTのデュアロジック)の組み合わせ。ベースモデル同様に、アイドリングストップ機能「スタート&ストップシステム」が搭載され、10・15モード燃費は19.2km/リッター。ファッショナブルな内外装だけでなく、エコな燃費性能もウリだ。

価格は、ベース車両「1.2 POP」より10.0万円高の205.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「フィアット500 ARANCIA(アランチャ)」。「アランチャ」とはイタリア語でオレンジを意味する。
「フィアット500 ARANCIA(アランチャ)」。「アランチャ」とはイタリア語でオレンジを意味する。

「フィアット500 アランチャ」のリアビュー。
「フィアット500 アランチャ」のリアビュー。

ボディカラーと同じ「ビタミニックオレンジ」のインストルメントパネル。
ボディカラーと同じ「ビタミニックオレンジ」のインストルメントパネル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】NEW 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る