フィアット500にオレンジ色の限定車

2010.09.02 自動車ニュース

「フィアット500」にオレンジ色の限定車が登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年9月2日、「フィアット500」シリーズにオレンジ色の日本限定モデル「ARANCIA(アランチャ)」を設定し、発売した。

■日本でしか買えない

「フィアット500 アランチャ」は、「フィアット500」のエントリーグレード「1.2 POP」をベースに、外装とインストルメントパネルを鮮やかな“日本限定色”「ビタミニックオレンジ」とした、限定300台の特別仕様車だ。

そのほか特別装備として、バンパーの一部、サイドウィンドウボトムライン、エキゾーストパイプフィニッシャー、ドアミラーにクローム仕上げのものが採用され、足元には、15インチアルミホイールが装着される。

ドライブトレインは、ベース車両「1.2 POP」から変更はなく、最高出力69psの1.2リッター直4エンジンに5段AT(2ペダルMTのデュアロジック)の組み合わせ。ベースモデル同様に、アイドリングストップ機能「スタート&ストップシステム」が搭載され、10・15モード燃費は19.2km/リッター。ファッショナブルな内外装だけでなく、エコな燃費性能もウリだ。

価格は、ベース車両「1.2 POP」より10.0万円高の205.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「フィアット500 ARANCIA(アランチャ)」。「アランチャ」とはイタリア語でオレンジを意味する。
「フィアット500 ARANCIA(アランチャ)」。「アランチャ」とはイタリア語でオレンジを意味する。

「フィアット500 アランチャ」のリアビュー。
「フィアット500 アランチャ」のリアビュー。

ボディカラーと同じ「ビタミニックオレンジ」のインストルメントパネル。
ボディカラーと同じ「ビタミニックオレンジ」のインストルメントパネル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)【試乗速報】 2008.3.25 試乗記 フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)
    ……233.0万円

    2007年にデビューしたリバイバル版「フィアット500」が、いよいよ日本でも発売開始。初期導入される1.2リッターモデルを、初春の東京で試した。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る