三菱パジェロ クリーンディーゼル搭載

2010.09.02 自動車ニュース

「三菱パジェロ」、ディーゼルエンジンがよりクリーンに

三菱自動車は2010年9月2日、SUV「パジェロ」のエンジンなどに改良を施し、9月16日に発売すると発表した。

■パワーアップしながらも、クリーンで省燃費に

今回の改良の主な眼目は、3.2リッターディーゼルエンジンのクリーン化と、3.8リッターガソリンエンジンの燃費向上である。

2006年11月に発売された現行「パジェロ」に、ディーゼルモデルが追加されたのが2008年10月。この時点では、国内排ガス規制「新長期規制」適合エンジンであったため、販売期限は2010年9月までとなっていた。今回は、この期限切れにタイミングを合わせ、新エンジン投入が図られた。

改良された3.2リッターコモンレール式ディーゼルエンジンは、吸気ポートや燃焼室の形状、インジェクターなどを改め、圧縮比を見直すなど、クリーン化のためにさまざまな手が加えられたという。さらに、エンジン制御の最適化、改良されたNOxトラップ触媒の採用で、現行の国内排出ガス規制「ポスト新長期規制」に適合するクリーン性能を手に入れた。この結果、同エンジン搭載車はエコカー減税(100%)の対象となるほか、クリーンディーゼル自動車導入費補助金(上限額20万円)が受けられる。なお「ポスト新長期規制」は、次期欧州排ガス規制「ユーロ6」に匹敵する、現状では世界最高峰の厳しい規制となっている。

クリーン化と同時に、ターボチャージャーの効率化などで出力、トルクの向上も図られ、最高出力は20psアップの190ps、最大トルクは7.2kgmアップの45.0kgmとなった。さらに、新しい5段ATの採用などによって、10・15モード燃費も従来型エンジン搭載車に比べ0.7km/リッター伸び、10.2km/リッター(スーパーエクシード)を実現している。

■3.8リッターガソリンも燃費性能アップ

3.8リッターガソリンエンジンにも改良が施された。ATの伝達効率向上や、エンジンの燃焼効率向上、さらにタイヤの転がり抵抗低減などにより、10・15モード燃費を従来型比0.6km/リッタープラスの8.2km/リッター(スーパーエクシード)に改善。これにより3.8リッターモデルは新たにエコカー補助金対象モデルとなった。
なお、3リッターモデルは機関面での変更は行われていない。

外観では、ディーゼルモデルにリアアンダーカバーが装着され、3.8リッターモデルでは、ハイマウントストップランプがLEDタイプに変更された。また、HDDナビゲーションのミュージックサーバー容量増やUSB端子の装備など、ユーティリティの面でも機能が追加されている。
さらに安全機能として、ブレーキとアクセルを同時に踏んだ場合、ブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド」を全グレードに採用したこともニュースだ。

価格はショートボディが260.4万円から399.0万円、ロングボディが289.8万円から476.7万円まで。

(webCG 本諏訪)


三菱パジェロ クリーンディーゼル搭載の画像

三菱パジェロ クリーンディーゼル搭載の画像

三菱パジェロ クリーンディーゼル搭載の画像
写真はすべて3.2リッターディーゼルエンジン搭載の「パジェロロング スーパーエクシード」。
写真はすべて3.2リッターディーゼルエンジン搭載の「パジェロロング スーパーエクシード」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱RVRローデストG(FF/CVT)【試乗記】 2011.7.20 試乗記 三菱RVRローデストG(FF/CVT)
    ……273万3150円

    三菱のドレスアップ仕様「ローデスト」が「RVR」シリーズに登場。装備充実の上級グレード「G」に試乗した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 「三菱エクリプス クロス」、モータースポーツイベントで初披露 2017.4.6 自動車ニュース 三菱自動車は2017年4月6日、東京・お台場で開催されるモータースポーツジャパン2017 フェスティバル イン お台場(会期:4月15~16日)において、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の欧州仕様車を国内初披露すると発表した。
ホームへ戻る