ルーテシアRS用カーボンパーツ発売

2010.09.01 自動車ニュース

ルノー、「ルーテシアRS」用カーボンリアディフューザーを発売

ルノージャポンは、ドライカーボン(プリプレグカーボン)を使用して作られた「ルーテシア ルノースポール(RS)」用リアディフューザーを、2010年9月1日に発売した。

リアディフューザーは、高速走行時に車体の浮き上がりを抑制する空力パーツ。今回、デザインを、長年にわたり、日産のレーシングカーの空力を担当してきた鈴鹿美隆氏が担当し、航空機やF1マシンなどにも使われている軽量で高い強度を持つプリプレグカーボンを使用して制作された。デザイン変更と軽量素材の使用により、重量は4.0kgとノーマルパーツに比べ1.8kg軽く仕上がったという。

このカーボンディフューザーは、全国14店舗のルノースポールスペシャリストディーラーで販売される。

価格は、36万5000円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ルーテシアルノーカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記