ルーテシアRS用カーボンパーツ発売

2010.09.01 自動車ニュース

ルノー、「ルーテシアRS」用カーボンリアディフューザーを発売

ルノージャポンは、ドライカーボン(プリプレグカーボン)を使用して作られた「ルーテシア ルノースポール(RS)」用リアディフューザーを、2010年9月1日に発売した。

リアディフューザーは、高速走行時に車体の浮き上がりを抑制する空力パーツ。今回、デザインを、長年にわたり、日産のレーシングカーの空力を担当してきた鈴鹿美隆氏が担当し、航空機やF1マシンなどにも使われている軽量で高い強度を持つプリプレグカーボンを使用して制作された。デザイン変更と軽量素材の使用により、重量は4.0kgとノーマルパーツに比べ1.8kg軽く仕上がったという。

このカーボンディフューザーは、全国14店舗のルノースポールスペシャリストディーラーで販売される。

価格は、36万5000円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ルーテシアルノーカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る