テスラ・ロードスター 補助金対象に

2010.09.01 自動車ニュース

「テスラ・ロードスター」が購入補助金対象に

テスラモーターズは2010年9月1日、日本で販売する「テスラ・ロードスター」がクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車種になったと発表した。

「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」は、電気自動車やプラグインハイブリッド車の新規購入時に交付される補助金で、現在は「トヨタ・プリウスプラグインハイブリッド」「三菱i-MiEV」「スバル・プラグインステラ」の3車種が対象となっている。今回、輸入車として初めて「テスラ・ロードスター」が対象車種に認定された。

購入補助金の上限額は、計算上324万円になるという。
なお、テスラ・ロードスターは、日本では2010年5月からテスラモーターズホームページで販売されている。本体価格は1280万円から。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。