ルーテシアRSに20周年記念限定車

2010.09.01 自動車ニュース

ルノー、アシが自慢の限定車「ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」を発売

ルノージャポンは2010年9月1日、「ルーテシア」の誕生20周年を記念した限定車「ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」を発表。9月16日に発売する。

■ルノースポールが手掛けたもうひとつのアシ

「ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」(以下「ヴァンタン」)は、本国で「シャシースポール」と「シャシーカップ」の2種類あるチューニングのうち、日本未導入だった後者の足まわりを採用した、30台限定のリミテッドエディションだ。

既存の「ルーテシア ルノースポール(シャシースポール仕様)」とは、足まわりチューンの狙いが異なり、ストリートユースに主眼を置いたシャシースポールに対し、「ヴァンタン」に採用されるシャシーカップは、サーキット走行をも視野に入れてチューンしたセッティングのため、さらなる低重心化やロール剛性の向上が図られている。

そのシャシーカップを構成するのは、シャシースポールに対し、フロントとリアでそれぞれ23%、30%ずつバネレートが高められたスプリング、減衰力が15%高められたダンパー、それにロック・トゥ・ロックを2.8回転から2.5回転に切り詰めたステアリングシステムの3点。スタビライザーは変更されていないが、これらのチューンによりロール量は10%ほど低減され、重心位置も7mm下がるという。

このほかは、いわゆるオプティカルチューン。具体的には、赤くペイントされたブレーキキャリパー、グレーにペイントされたエアインテークフィン、新デザインのアルミホイール、カーボン調センターコンソールパネル/フィニッシャーなど。「ヴァンタン」のプレミアム性をさりげなく主張するドレスアップパーツといったところだが、唯一ボディカラーは、車体がホワイト、屋根をブラックとした2トーンカラーとなり、単色のみの標準モデルと見た目の変化が大きい。

価格は、ベース車より35.0万円高い、334.0万円。なお、限定30台のみが販売される同モデルは、全国に14拠点あるルノースポール スペシャルディーラー専売モデルとなる。

(webCG 曽宮)

「ルノー・ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」
「ルノー・ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」
フロントのブレーキキャリパーは、ベース車同様ブレンボ製のアルミモノブロック。限定車では、これが赤くペイントされる。
フロントのブレーキキャリパーは、ベース車同様ブレンボ製のアルミモノブロック。限定車では、これが赤くペイントされる。
専用のホワイトのボディカラー(ブラン ジーブルナクレM)とブラックルーフ(ノワールメタルM)との組み合わせは、「ヴァンタン」のみの設定。
専用のホワイトのボディカラー(ブラン ジーブルナクレM)とブラックルーフ(ノワールメタルM)との組み合わせは、「ヴァンタン」のみの設定。
「ヴァンタン(20ans)」はフランス語で20歳を意味する。
「ヴァンタン(20ans)」はフランス語で20歳を意味する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る