ルーテシアRSに20周年記念限定車

2010.09.01 自動車ニュース

ルノー、アシが自慢の限定車「ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」を発売

ルノージャポンは2010年9月1日、「ルーテシア」の誕生20周年を記念した限定車「ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」を発表。9月16日に発売する。

■ルノースポールが手掛けたもうひとつのアシ

「ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」(以下「ヴァンタン」)は、本国で「シャシースポール」と「シャシーカップ」の2種類あるチューニングのうち、日本未導入だった後者の足まわりを採用した、30台限定のリミテッドエディションだ。

既存の「ルーテシア ルノースポール(シャシースポール仕様)」とは、足まわりチューンの狙いが異なり、ストリートユースに主眼を置いたシャシースポールに対し、「ヴァンタン」に採用されるシャシーカップは、サーキット走行をも視野に入れてチューンしたセッティングのため、さらなる低重心化やロール剛性の向上が図られている。

そのシャシーカップを構成するのは、シャシースポールに対し、フロントとリアでそれぞれ23%、30%ずつバネレートが高められたスプリング、減衰力が15%高められたダンパー、それにロック・トゥ・ロックを2.8回転から2.5回転に切り詰めたステアリングシステムの3点。スタビライザーは変更されていないが、これらのチューンによりロール量は10%ほど低減され、重心位置も7mm下がるという。

このほかは、いわゆるオプティカルチューン。具体的には、赤くペイントされたブレーキキャリパー、グレーにペイントされたエアインテークフィン、新デザインのアルミホイール、カーボン調センターコンソールパネル/フィニッシャーなど。「ヴァンタン」のプレミアム性をさりげなく主張するドレスアップパーツといったところだが、唯一ボディカラーは、車体がホワイト、屋根をブラックとした2トーンカラーとなり、単色のみの標準モデルと見た目の変化が大きい。

価格は、ベース車より35.0万円高い、334.0万円。なお、限定30台のみが販売される同モデルは、全国に14拠点あるルノースポール スペシャルディーラー専売モデルとなる。

(webCG 曽宮)

「ルノー・ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」
「ルノー・ルーテシア ルノースポール エディションリミテ ヴァンタン」
フロントのブレーキキャリパーは、ベース車同様ブレンボ製のアルミモノブロック。限定車では、これが赤くペイントされる。
フロントのブレーキキャリパーは、ベース車同様ブレンボ製のアルミモノブロック。限定車では、これが赤くペイントされる。
専用のホワイトのボディカラー(ブラン ジーブルナクレM)とブラックルーフ(ノワールメタルM)との組み合わせは、「ヴァンタン」のみの設定。
専用のホワイトのボディカラー(ブラン ジーブルナクレM)とブラックルーフ(ノワールメタルM)との組み合わせは、「ヴァンタン」のみの設定。
「ヴァンタン(20ans)」はフランス語で20歳を意味する。
「ヴァンタン(20ans)」はフランス語で20歳を意味する。

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る