トヨタiQに新グレード&MTモデル

2010.08.31 自動車ニュース

「トヨタiQ」にスポーティグレード新設定、MTモデルも

トヨタ自動車は2010年8月31日、コンパクトカー「iQ」にスポーティグレードを新設定。同日販売を開始した。さらにMTモデルの追加も発表、こちらは11月中旬に発売される。

■プラス5万円でよりスポーティに

今回発表されたのは、スポーティな内外装が与えられた「→(ゴー)」。1リッター車(100X除く)、1.3リッター車両方に設定された。
同モデルは、専用のフロントエアロバンパーとリアディフューザーを装着。電動格納式リモコンカラードドアミラーには専用色となるシルバーを採用することで、他グレードとの差別化が図られた。さらにフロントフォグランプも標準装備される。
インテリアはグレー&ブラックのカラーリングを設定。赤いステッチが入れられたステアリングホイールや、高輝度シルバー加飾を施したセンタークラスターなど、スポーティな演出がなされている。

1.3リッター車には、上記の装備にレザーのインテリアが加わった「→(ゴー)レザーパッケージ」も用意される。シート表皮にはブラックレザー&グレーファブリックとブラックレザー&レッドファブリックの2パターンが設定され、よりファッショナブルな仕様とされた。

「→(ゴー)」はベース車より5.0万円高の設定となり、「100G→(ゴー)」が155.0万円、「130G→(ゴー)」が165.0万円。「130G→(ゴー)レザーパッケージ」は、173.0万円で販売される。

■6MTモデルは11月発売

今回、MTモデルの追加も発表された。1.3リッターモデルに設定される「130G MT→(ゴー)」「130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」は、それぞれ6段MTが与えられ、スポーティな走行が楽しめるグレードとなる。
加えてアイドリングストップシステムも採用され、省燃費性能にも寄与。カタログ燃費はシリーズ中、最も良好な数値となる23.5km/リッター(10・15モード)を記録する。
価格はCVTモデルと同じで、「130G MT→(ゴー)」が165.0万円、「130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」が173.0万円。こちらは2010年11月中旬に発売が予定されている。

(webCG 本諏訪)

「iQ 100G→(ゴー)」
「iQ 100G→(ゴー)」
「iQ 130G→(ゴー)レザーパッケージ」のインテリア。
「iQ 130G→(ゴー)レザーパッケージ」のインテリア。
「iQ 130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」のインパネ。カラーはグレー×ブラック。
「iQ 130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」のインパネ。カラーはグレー×ブラック。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る