トヨタiQに新グレード&MTモデル

2010.08.31 自動車ニュース

「トヨタiQ」にスポーティグレード新設定、MTモデルも

トヨタ自動車は2010年8月31日、コンパクトカー「iQ」にスポーティグレードを新設定。同日販売を開始した。さらにMTモデルの追加も発表、こちらは11月中旬に発売される。

■プラス5万円でよりスポーティに

今回発表されたのは、スポーティな内外装が与えられた「→(ゴー)」。1リッター車(100X除く)、1.3リッター車両方に設定された。
同モデルは、専用のフロントエアロバンパーとリアディフューザーを装着。電動格納式リモコンカラードドアミラーには専用色となるシルバーを採用することで、他グレードとの差別化が図られた。さらにフロントフォグランプも標準装備される。
インテリアはグレー&ブラックのカラーリングを設定。赤いステッチが入れられたステアリングホイールや、高輝度シルバー加飾を施したセンタークラスターなど、スポーティな演出がなされている。

1.3リッター車には、上記の装備にレザーのインテリアが加わった「→(ゴー)レザーパッケージ」も用意される。シート表皮にはブラックレザー&グレーファブリックとブラックレザー&レッドファブリックの2パターンが設定され、よりファッショナブルな仕様とされた。

「→(ゴー)」はベース車より5.0万円高の設定となり、「100G→(ゴー)」が155.0万円、「130G→(ゴー)」が165.0万円。「130G→(ゴー)レザーパッケージ」は、173.0万円で販売される。

■6MTモデルは11月発売

今回、MTモデルの追加も発表された。1.3リッターモデルに設定される「130G MT→(ゴー)」「130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」は、それぞれ6段MTが与えられ、スポーティな走行が楽しめるグレードとなる。
加えてアイドリングストップシステムも採用され、省燃費性能にも寄与。カタログ燃費はシリーズ中、最も良好な数値となる23.5km/リッター(10・15モード)を記録する。
価格はCVTモデルと同じで、「130G MT→(ゴー)」が165.0万円、「130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」が173.0万円。こちらは2010年11月中旬に発売が予定されている。

(webCG 本諏訪)

「iQ 100G→(ゴー)」
「iQ 100G→(ゴー)」
「iQ 130G→(ゴー)レザーパッケージ」のインテリア。
「iQ 130G→(ゴー)レザーパッケージ」のインテリア。
「iQ 130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」のインパネ。カラーはグレー×ブラック。
「iQ 130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」のインパネ。カラーはグレー×ブラック。

関連キーワード:
iQトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRMN:その走りに期待せよ! 2017.10.27 自動車ニュース 見て楽しむのがモーターショー。とはいえ、クルマはやはり乗って楽しむものである。最初から「これは、売らないナ」と、ピンとくるようでは興ざめだ。そこでコレ。フリーライター鈴木真人のイチ押しは「トヨタ・ヴィッツGRMN」である。
  • レクサス(その2) 2017.10.27 画像・写真 フラッグシップセダンの新型「LS」や、新世代プラットフォームが初採用されたラージサイズのクーペ「LC」、SUV製品群の「LX」「NX」……。東京モーターショーの会場より、今日のレクサスを支える最新ラインナップを紹介する。
  • コンパニオン名鑑13 2017.10.27 画像・写真 2017年10月25日のプレスデーで幕を開けた第45回東京モーターショー。コンパニオン名鑑では、各ブースでクルマを引き立てる彼女たちの姿を写真で紹介する。東ホールのパイオニアブースから。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • レクサス(その1) 2017.10.27 画像・写真