トヨタiQに新グレード&MTモデル

2010.08.31 自動車ニュース

「トヨタiQ」にスポーティグレード新設定、MTモデルも

トヨタ自動車は2010年8月31日、コンパクトカー「iQ」にスポーティグレードを新設定。同日販売を開始した。さらにMTモデルの追加も発表、こちらは11月中旬に発売される。

■プラス5万円でよりスポーティに

今回発表されたのは、スポーティな内外装が与えられた「→(ゴー)」。1リッター車(100X除く)、1.3リッター車両方に設定された。
同モデルは、専用のフロントエアロバンパーとリアディフューザーを装着。電動格納式リモコンカラードドアミラーには専用色となるシルバーを採用することで、他グレードとの差別化が図られた。さらにフロントフォグランプも標準装備される。
インテリアはグレー&ブラックのカラーリングを設定。赤いステッチが入れられたステアリングホイールや、高輝度シルバー加飾を施したセンタークラスターなど、スポーティな演出がなされている。

1.3リッター車には、上記の装備にレザーのインテリアが加わった「→(ゴー)レザーパッケージ」も用意される。シート表皮にはブラックレザー&グレーファブリックとブラックレザー&レッドファブリックの2パターンが設定され、よりファッショナブルな仕様とされた。

「→(ゴー)」はベース車より5.0万円高の設定となり、「100G→(ゴー)」が155.0万円、「130G→(ゴー)」が165.0万円。「130G→(ゴー)レザーパッケージ」は、173.0万円で販売される。

■6MTモデルは11月発売

今回、MTモデルの追加も発表された。1.3リッターモデルに設定される「130G MT→(ゴー)」「130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」は、それぞれ6段MTが与えられ、スポーティな走行が楽しめるグレードとなる。
加えてアイドリングストップシステムも採用され、省燃費性能にも寄与。カタログ燃費はシリーズ中、最も良好な数値となる23.5km/リッター(10・15モード)を記録する。
価格はCVTモデルと同じで、「130G MT→(ゴー)」が165.0万円、「130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」が173.0万円。こちらは2010年11月中旬に発売が予定されている。

(webCG 本諏訪)

「iQ 100G→(ゴー)」
「iQ 100G→(ゴー)」
「iQ 130G→(ゴー)レザーパッケージ」のインテリア。
「iQ 130G→(ゴー)レザーパッケージ」のインテリア。
「iQ 130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」のインパネ。カラーはグレー×ブラック。
「iQ 130G MT→(ゴー)レザーパッケージ」のインパネ。カラーはグレー×ブラック。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る