第8回:クルマが生み出した交通弱者(その1)〜クルマが増えると不幸も増える

2010.08.30 エッセイ

第8回:クルマが生み出した交通弱者(その1)〜クルマが増えると不幸も増える

四国には紅葉マークを付けた軽自動車がとても多い。それを見かけるたびに、そうまでしてクルマに頼らなくてはならない人たちのことに胸が痛む。

一家全員がクルマに頼らなくてはならなくなると、こういう風景も珍しくなくなる。家族の用途に合わせて、見事にクルマのヒエラルキーが構築された。
一家全員がクルマに頼らなくてはならなくなると、こういう風景も珍しくなくなる。家族の用途に合わせて、見事にクルマのヒエラルキーが構築された。
紅葉マークの軽自動車が驚くほど多いが、それが持ち主から本当に大切にされているのが、何となくうかがわれる。
紅葉マークの軽自動車が驚くほど多いが、それが持ち主から本当に大切にされているのが、何となくうかがわれる。

クルマ無しでは成り立たない生活

「あそこのお寺まで、歩いたらどのくらいかかるかって? さあてねぇ、わしにはまったく分からんて。クルマしか使わなんでな」
「あんたら、偉いな! あんなとこまで歩くんか。私ら、いつもクルマだもんで、隣の村までもよう歩けんわ」

四国(だけでなく、日本中の地方部では同様だろうが)では、しばしばこのような発言に出くわす。昔は反対だった。用事があって隣村まで数km歩いて行くのは当たり前だったし、老人が徒歩で山を下りて、遠くの町まで野菜を運んだり、市場に売買に行ったものである。小学校に通うのに峠を二つ越えて、しかも毎日走っていったから足が強くなったなんていう話もよく聞いた。

それが今では、多くの農村部や山間部の人たちは歩かなくなっている。いや、正確に言うなら歩けなくなっている。一昔前なら、田舎の人たちはすごく足が丈夫だったのに、今は歩くのが不自由な人が増えている。むしろ通勤のためだったり、買い物に出たりで、都会の人間の方が歩ける。理由は簡単で、クルマが普及したからだ。

クルマが普及したおかげで、昔なら1日がかりで徒歩とバスを乗り継いでいった町までの買い物が、1時間足らずでできるようになった。作った作物をすぐに市場に運ぶことができるようになったし、医者でもどこでもすぐに行くことが可能になった。その意味では生活の質は向上し、多くの人々にとって移動の自由はより改善されたように思える。

ただ、それには大きな条件がある。家にクルマがあり、本人が運転できるか、さもなければ運転できる家族か知人がそばにいるという条件である。そしてその壁は、意外と高い。運転できない老人はまだたくさんいる。老人だけの家庭は多い。そういう世帯の中には、クルマが買えない層も少なくない。

それ以上に問題なのは、仮にこの壁をクリアすると、クルマに生活の大きな部分を頼り切ってしまうから、結果としてクルマ無しでは成り立たないという状況に追い込まれる。生活のシステムだけでなく、体力もそれに影響されてくる。移動の自由、それによって得られる生活の質の向上が、いつの間にかクルマに握られてしまっているというわけだ。

それはそれでクルマの普及がもたらした不幸の一つであり、今までになかった新しいタイプの交通弱者が生じているということでもある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。