【スペック】全長×全幅×全高=4080×1740×1395mm/ホイールベース=2435mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.8kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=249万8000円(テスト車=425万550円/車体色(プレミアムホワイトパール)=3万1500円/Honda HDDインターナビシステム(リアワイドカメラ付き)+ETC車載器=28万6000円/無限CR-Zオリジナルパーツ=合計143万5050円)

ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)【試乗記】

“コク旨”CR-Z 2010.08.30 試乗記 ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)
……425万550円

ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」。「無限」のスペシャルパーツで武装すると、走りはどう変化する? ワインディングで試した。

選べる無限のトッピング

ホンダ車のスペシャルチューナー 無限のオリジナルパーツを満載した「CR-Z」が、今回のお相手である。チューニングのメニューは、エアロパーツに始まり、足まわり、ブレーキ、そしてエンジンの吸排気系。ラーメンでいうところの「全部のせ」な1台だ。

筆者は、そのいささかコンベンショナルなお品書きを見て「ハイブリッドのスポーツカーなら、モーターにも何らかのアプローチが欲しいよなぁ……」と感じてしまったのだが、しばらくしてそれは間違いであると考え直した。それこそ、コンベンショナルな自動車オタクの考え方なのである。

実際のところ、まずオーナーにとって大切なのは「CR-Z」の素性を味わい尽くすことであって、一番欲しいのは、それをアシストしてくれるカスタマイズパーツなのだ。買ったばかりの「CR-Z」のモーターが無限にバージョンアップされちゃったら、オーナーとしてはやりきれないじゃないか。
“ホンダ・ワークス”の無限として、今後はそこまで視野に入れた開発もしてほしいけれど。


ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)【試乗記】の画像
ノーマルより1本あたり1kg軽い、鍛造アルミホイールの「GP」。色は、写真のブロンズのほか、ガンメタリックが選べる。
ノーマルより1本あたり1kg軽い、鍛造アルミホイールの「GP」。色は、写真のブロンズのほか、ガンメタリックが選べる。
インテリアの様子。ダッシュボードの中央に鎮座する3連アシストメーター(水温/油温/油圧)は、12万6000円のオプション。
インテリアの様子。ダッシュボードの中央に鎮座する3連アシストメーター(水温/油温/油圧)は、12万6000円のオプション。
関連記事
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2012.12.8 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……304万4000円

    ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」がマイナーチェンジ。“走りの裏技”を得たという最新モデルの実力を試した。
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
  • ホンダCR-Z α・Master label(FF/6MT)/CR-Z α・Master label(FF/CVT)【試乗記】 2012.10.30 試乗記 ホンダCR-Z α・Master label(FF/6MT)/CR-Z α・Master label(FF/CVT)
    …294万1500円/304万6500円

    マイナーチェンジを受けパワーを増した「ホンダCR-Z」。MTモデルとCVTモデルに試乗した。
  • ホンダCR-Z 2010.2.25 画像・写真 ホンダが放つハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2010.4.12 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……278万4000円

    ハイブリッドカーでありながらスポーツカーを称する「ホンダCR-Z」。掲げられた“二枚看板”の、真偽のほどは!? 売れ筋グレードで試した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る