【スペック】全長×全幅×全高=4080×1740×1395mm/ホイールベース=2435mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(114ps/6000rpm、14.8kgm/4800rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=249万8000円(テスト車=425万550円/車体色(プレミアムホワイトパール)=3万1500円/Honda HDDインターナビシステム(リアワイドカメラ付き)+ETC車載器=28万6000円/無限CR-Zオリジナルパーツ=合計143万5050円)

ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)【試乗記】

“コク旨”CR-Z 2010.08.30 試乗記 ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)
……425万550円

ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」。「無限」のスペシャルパーツで武装すると、走りはどう変化する? ワインディングで試した。

選べる無限のトッピング

ホンダ車のスペシャルチューナー 無限のオリジナルパーツを満載した「CR-Z」が、今回のお相手である。チューニングのメニューは、エアロパーツに始まり、足まわり、ブレーキ、そしてエンジンの吸排気系。ラーメンでいうところの「全部のせ」な1台だ。

筆者は、そのいささかコンベンショナルなお品書きを見て「ハイブリッドのスポーツカーなら、モーターにも何らかのアプローチが欲しいよなぁ……」と感じてしまったのだが、しばらくしてそれは間違いであると考え直した。それこそ、コンベンショナルな自動車オタクの考え方なのである。

実際のところ、まずオーナーにとって大切なのは「CR-Z」の素性を味わい尽くすことであって、一番欲しいのは、それをアシストしてくれるカスタマイズパーツなのだ。買ったばかりの「CR-Z」のモーターが無限にバージョンアップされちゃったら、オーナーとしてはやりきれないじゃないか。
“ホンダ・ワークス”の無限として、今後はそこまで視野に入れた開発もしてほしいけれど。


ホンダ・無限CR-Z α(FF/6MT)【試乗記】の画像
ノーマルより1本あたり1kg軽い、鍛造アルミホイールの「GP」。色は、写真のブロンズのほか、ガンメタリックが選べる。
ノーマルより1本あたり1kg軽い、鍛造アルミホイールの「GP」。色は、写真のブロンズのほか、ガンメタリックが選べる。
インテリアの様子。ダッシュボードの中央に鎮座する3連アシストメーター(水温/油温/油圧)は、12万6000円のオプション。
インテリアの様子。ダッシュボードの中央に鎮座する3連アシストメーター(水温/油温/油圧)は、12万6000円のオプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Zの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ホンダ・無限CR-Z 2010.9.6 画像・写真 無限が開発した専用パーツをフル装備した「ホンダCR-Z」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る