第13戦ベルギーGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.08.29 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第13戦ベルギーGP、雨に翻弄されたレースでハミルトン3勝目

F1世界選手権第13戦ベルギーGP決勝が、2010年8月29日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキット(7.004km)を44周して行われた。

いつ雨が落ちてくるかわからない“スパ・ウェザー”に翻弄(ほんろう)、セーフティカーが2度出動した大荒れのレースを制したのは、予選2位のマクラーレン・メルセデス、ルイス・ハミルトン。他を寄せつけない速さで今シーズン3回目の勝利を収め、チャンピオンシップでも再びトップに躍り出た。

レッドブル・ルノーで今季5度目のポールポジションを獲得したマーク・ウェバーは、スタートで大きく出遅れたものの、タフなコンディションで着実に順位を挽回(ばんかい)し2位でフィニッシュすることに成功した。
予選3位のロバート・クビサは、ストレートスピードに効くFダクトを備えたルノーを駆り奮闘したが、ピットで止まり切れず、ウェバーに先を越され結局3位でゴール、今年3回目の表彰台にのぼった。

フェラーリのフェリッペ・マッサが4位、昨年ダークホースとしてジャンカルロ・フィジケラが2位となったフォースインディア・メルセデスは、今年も自慢の直線スピードを武器に、エイドリアン・スーティルが5位入賞を果たした。
タイヤ交換を遅らせたメルセデス勢はその作戦が奏功し、ニコ・ロズベルグ6位、ミハエル・シューマッハー7位とダブルでポイント獲得。ザウバー・フェラーリの小林可夢偉は8位でゴールラインを通過し今年5度目の入賞、予選で失敗し23番グリッドと後方からスタートしたルノーのビタリー・ペトロフが9位、そしてトロロッソ・フェラーリのハイメ・アルグエルスアリが10位でゴールしポイント1点を手に入れた。

以下、11位ビタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)、12位ペドロ・デ・ラ・ロサ(ザウバー)、13位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、14位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ・コスワース)、15位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、16位ヘイキ・コバライネン(ロータス・コスワース)、17位ルーカス・ディ・グラッシ(バージン・コスワース)、18位ティモ・グロック(バージン)、19位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、20位山本左近(HRTコスワース)らが完走した。

タイトルを争うトップ5人のうち3人がノーポイントに終わった今回、ハミルトンがウェバーを3点上回る182点とし、首位の座を再び手繰り寄せた。コンストラクターズ選手権では、トップのレッドブル330点に対しマクラーレン329点。6戦を残した2010年シーズンは混戦模様を呈している。

【追加更新】
レース後、10位でフィニッシュしたアルグエルスアリに、最終シケインをカットしたことによる20秒加算のペナルティが科された。結果、11位だったリウッツィが10位、12位だったデ・ラ・ロサが11位、13位だったブエミが12位にそれぞれ繰り上がり、アルグエルスアリは13位となった。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。