第157回:シューマッハーは百恵に負けた? ヨーロッパ特別仕様車事情

2010.08.28 エッセイ

第157回:シューマッハーは百恵に負けた? ヨーロッパ特別仕様車事情

男子禁制ショールーム

「Ladies only」−そんな自動車ショールームが、フランス・パリに出没した。
もう少し詳しく説明しよう。場所はフィアットが2010年7月、ロンポワン(ロータリー)シャンゼリゼに開館したショールーム「モーター・ヴィラージュ」だ。そこで7月10日から8月12日まで開催された、第1回特別展のタイトルが「Ladies only」だった。男子禁制ショールームといったところである。

内容は、「ランチア・イプシロン」の特別仕様車「ELLE」のプロモーションで、会場内も雑誌『ELLE』とのコラボレーションで構成された。壁面には『ELLE』の歴代の表紙が展開され、クルマのまわりにはランセルの話題のバッグ「ブリジット・バルドー」モデルをはじめとする新作ファッションアイテムが散りばめられた。

さらに一角に据えつけられたスピード写真機は、ちょっとしゃれた色彩の仕上がりになるようにチューンされていた。パリを舞台に、スピード写真機がストーリー展開の鍵となる映画「アメリ」を思い出した来場者は、けっして少なくなかっただろう。

パリのフィアット・モーターヴィラージュの「男子禁制」展。右上のバッグがランセルの「ブリジット・バルドー」モデル。
パリのフィアット・モーターヴィラージュの「男子禁制」展。右上のバッグがランセルの「ブリジット・バルドー」モデル。
「ランチア・イプシロン ELLE」
「ランチア・イプシロン ELLE」
「ELLE」のBピラーにプリントされたイラストレーション。
「ELLE」のBピラーにプリントされたイラストレーション。
「ランチア・イプシロン ELLE」
「ランチア・イプシロン ELLE」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。