ホンダ、インスパイアを小変更

2010.08.26 自動車ニュース

ホンダ、「インスパイア」をマイナーチェンジ

本田技研工業は2010年8月26日、上級セダン「インスパイア」をマイナーチェンジし、発売した。

今回の変更では、フロントグリルやフロントバンパーに新デザインのものが採用され、空力性能の向上が図られた。これにより従来モデルより燃費も若干向上し、10・15モードは9.9km/リッター(従来比+0.1km/リッター)、JC08モードは9.6km/リッター(旧データなし)となった。

このほか外装では、アルミホイールのデザインが変更され、ツイン5スポークタイプが採用された(サイズは17インチ)。

内装では、新デザインの本革&木目調コンビステアリングホイールや木目調パネル、シルバー調インナードアハンドルが採用され、質感向上が図られるとともに、メーカーオプションだった「Honda HDDインターナビシステム」や雨滴検知ワイパーが標準装備とされた。

なお従来2つあったグレードは、1グレードに集約された。

価格は、368.0万円。

(webCG 曽宮)

「ホンダ・インスパイア」
「ホンダ・インスパイア」

ホンダ、インスパイアを小変更の画像

ホンダ、インスパイアを小変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インスパイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る