燃費が自慢 レクサスRX270登場

2010.08.25 自動車ニュース

「レクサスRX」のエントリーモデル「RX270」が登場

トヨタ自動車は2010年8月25日、SUVモデル「レクサスRX」に2.7リッター直4エンジンを搭載した新グレードを追加設定。同日に発売した。

今回新たに追加設定された「RX270」は、最高出力188psの2.7リッター直4エンジンを搭載する、「レクサスRX」のエントリーモデル。この心臓は、すでに北米市場のSUV「ハイランダー」などで使用されているもので、国内市場へは初導入となる。「RX350」の3.5リッターV6エンジンに比べ10・15モードで0.7km/リッター上回る、10.4km/リッターの燃費性能がウリだ。組み合わされるトランスミッションは6段AT。駆動方式は、FFのみ。

用意されるグレードは、「RX270」、「RX270 バージョンL」、「RX270 バージョンS」の3種類。それぞれの装備は、上級モデル「RX350」と同様の内容となっており、「バージョンL」は、センターコンソールやドアトリムなどの本木目パネル、セミアニリン本革シート、レクサスRXプレミアムサウンドシステムが特徴。「バージョンS」は、スポーティな専用サスペンションと19インチアルミホイールがポイントだ。
ただ、「バージョンL」と「バージョンS」には、他の「RX」と同じ最新システムの「VDIM(車両の走行状態を統合制御するシステム)」が備わるのに対して、「RX270」のみ、クルマの横滑りなどを防止する安全装置が「S-VSC」となる。

今回のグレード追加に併せて、「RX」シリーズに設定されるボディカラーは新色スターライトブラックガラスフレークが追加され計8色となった。

価格は、「RX270」が415.0万円、「RX270 バージョンS」は427.0万、「RX270 バージョンL」は473.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「レクサスRX270」。ボディカラーは、新色のスターライトブラックガラスフレーク。
「レクサスRX270」。ボディカラーは、新色のスターライトブラックガラスフレーク。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る