燃費が自慢 レクサスRX270登場

2010.08.25 自動車ニュース

「レクサスRX」のエントリーモデル「RX270」が登場

トヨタ自動車は2010年8月25日、SUVモデル「レクサスRX」に2.7リッター直4エンジンを搭載した新グレードを追加設定。同日に発売した。

今回新たに追加設定された「RX270」は、最高出力188psの2.7リッター直4エンジンを搭載する、「レクサスRX」のエントリーモデル。この心臓は、すでに北米市場のSUV「ハイランダー」などで使用されているもので、国内市場へは初導入となる。「RX350」の3.5リッターV6エンジンに比べ10・15モードで0.7km/リッター上回る、10.4km/リッターの燃費性能がウリだ。組み合わされるトランスミッションは6段AT。駆動方式は、FFのみ。

用意されるグレードは、「RX270」、「RX270 バージョンL」、「RX270 バージョンS」の3種類。それぞれの装備は、上級モデル「RX350」と同様の内容となっており、「バージョンL」は、センターコンソールやドアトリムなどの本木目パネル、セミアニリン本革シート、レクサスRXプレミアムサウンドシステムが特徴。「バージョンS」は、スポーティな専用サスペンションと19インチアルミホイールがポイントだ。
ただ、「バージョンL」と「バージョンS」には、他の「RX」と同じ最新システムの「VDIM(車両の走行状態を統合制御するシステム)」が備わるのに対して、「RX270」のみ、クルマの横滑りなどを防止する安全装置が「S-VSC」となる。

今回のグレード追加に併せて、「RX」シリーズに設定されるボディカラーは新色スターライトブラックガラスフレークが追加され計8色となった。

価格は、「RX270」が415.0万円、「RX270 バージョンS」は427.0万、「RX270 バージョンL」は473.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「レクサスRX270」。ボディカラーは、新色のスターライトブラックガラスフレーク。
「レクサスRX270」。ボディカラーは、新色のスターライトブラックガラスフレーク。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良 2016.9.8 自動車ニュース スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良し、10月3日に発売すると発表した。今回の改良では車線中央維持機能を新採用するなど、「アイサイトver.3」の機能を強化。またステアリングヒーターを全車標準装備とした。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
ホームへ戻る