レクサスIS F さらにスポーティに

2010.08.25 自動車ニュース

「レクサスIS F」がマイナーチェンジ サーキットモードを設定

トヨタ自動車は2010年8月25日、ハイパフォーマンスセダン「レクサスIS F」にマイナーチェンジを施し、発売した。

■330km/hメーター採用

「レクサスIS F」は、最高出力423psの5リッターV8エンジンを搭載するハイパフォーマンスセダン。
今回のマイナーチェンジでは、内外装の意匠変更や、足まわりの設定変更のほか、ナビの位置確認機能によってスピードリミッターが解除される「サーキットモード」追加などが行われた。

エクステリアは、同時にマイナーチェンジを受けた「IS」シリーズ同様に、ヘッドランプ内下部にLEDポジショニングランプを追加。
インテリアでは、メーターレイアウトが一新。デジタル速度計などが組み込まれた大きなタコメーターがメーターパネル中央に配され、右下には330km/hスケールのスピードメーターが設けられた。さらに、ステアリングホイールには、「VDIM(車両の走行性能を統合制御するシステム)」のスポーツモード切り替えスイッチが新たに付けられ、スポーク部にはアルミ調パネルを採用するなど、スポーティな演出が図られた。

フィット感向上のため、シートのクッションも変更。シート表皮にアルカンターラを選択できるオプションも、新たに設定された。

■足まわりもテコ入れ

足まわりにも手が入れられた。コイルスプリング、ショックアブソーバー、ブッシュ、リアキャンバー角などの設定が見直され、乗り心地や車両安定性の向上が図られている。
エンジン、トランスミッションには変更はなく、5リッターV8エンジンに8段ATが組み合わされる。

ナビゲーションシステムの位置情報から、サーキットを走行すると判断されると、スピードリミッターが解除される機能「サーキットモード」が設定されたのも新しい。

価格は、従来型より10万円高の790.0万円。

(文=滝本 智志(Office Henschel))

ヘッドランプにLEDポジショニングランプが追加された。
ヘッドランプにLEDポジショニングランプが追加された。
タコメーターが中央に配置されたメーターパネル。
タコメーターが中央に配置されたメーターパネル。
インテリアの様子。写真のシートは、オプションのアルカンターラ表皮のもの。
インテリアの様子。写真のシートは、オプションのアルカンターラ表皮のもの。
アルカンターラ表皮(オプション)のリアシート。
アルカンターラ表皮(オプション)のリアシート。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る