メルセデス、Eクラスの装備を拡充

2010.08.25 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツEクラス」安全装備やオプション設定を拡充

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」の仕様と装備を変更し、2010年8月25日に発売した。

2009年5月にはセダンが、2010年2月にはステーションワゴンが日本で発売された、メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」。今回、その安全装備が見直され、オプション設定も拡充が図られた。

すなわち、夜間の視認性を高めるべくフロントバンパーに「LEDドライビングライト」が設けられ、側面衝突時に有効な「SRSぺルビスバッグ」も全モデルに標準装備となった。
全モデルの後席に、追突時にシートベルトを自動的に巻き上げ調節する「アダプティブベルトフォースリミッター」が与えられたのもポイントだ。

オプションについては、左右のフロントヘッドレスト背面に8インチディスプレイが付く「リアエンターテインメントシステム」や、高級レザーでインテリアを上質に彩る「エクスクルーシブパッケージ」を、一部のモデルを対象に設定。

そのほか、クリーンディーゼルモデルの「E350 ブルーテック」に、外観をスポーティな“AMGルック”に仕立てられる「AMGスタイリングパッケージ」や、ブレーキ系統を中心に走りをアップグレードさせる「AMGスポーツパッケージ」などが新たに設定された。

「Eクラス」シリーズの価格は、以下のとおり。

セダン
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー:634.0万円
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド:698.0万円
・E300:730.0万円
・E300アバンギャルド:780.0万円
・E350ブルーテック アバンギャルド:798.0万円
・E350アバンギャルド:850.0万円
・E350 4MATIC アバンギャルド:895.0万円
・E550アバンギャルド:1080.0万円
・E63 AMG:1495.0万円

ステーションワゴン
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン:669.0万円
・E300ステーションワゴン:765.0万円
・E350ブルーテック ステーション ワゴンアバンギャルド:833.0万円
・E350ステーションワゴン アバンギャルド:885.0万円
・E350 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド:930.0万円
・E550ステーションワゴン アバンギャルド:1150.0万円
・E63 AMG ステーションワゴン:1530.0万円

(webCG 関)

 
メルセデス、Eクラスの装備を拡充の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る