マツダ、AZ-ワゴンを一部改良

2010.08.24 自動車ニュース
「AZ-ワゴン XSスペシャル」
マツダ、AZ-ワゴンを一部改良

「マツダAZ-ワゴン」シリーズを一部改良

マツダは2010年8月23日、軽乗用車「AZ-ワゴン」「AZ-ワゴン カスタムスタイル」を一部改良し、発売した。

「AZ-ワゴン カスタムスタイル XS」
マツダ、AZ-ワゴンを一部改良

「AZ-ワゴン」は、「スズキ・ワゴンR」のOEMモデル。先に行われた「ワゴンR」の変更に伴い、「AZ-ワゴン」にも同様の改良が加えられた。

今回の変更では、副変速機構付CVTの採用により、高速走行時の燃費性能を向上。NAエンジン搭載CVT車の10・15モード燃費は、FF車が23.5km/リッター、4WD車は22.5km/リッター(従来比+0.5km/リッター)を達成した。

燃費向上により、ターボエンジン搭載のFF車もエコカー減税(50%)対象になったほか、「XSスペシャル」「カスタムスタイル XS」の4WD車は50%から75%へと減税率がアップした。

装備では、シートとドアトリム表皮のデザインを変更。「カスタムスタイル XT」には15インチタイヤとアルミホイールが採用され、オーディオレス仕様に変更された。さらに、5MT車を除く全車に燃費効率の良い走行状態を知らせる「エコドライブインジケーター」が装備される。

「XG」には、「アクアベールブルーパールメタリック(水色)」のボディカラーを新設定。
価格は、「AZ-ワゴン」が108万6750円から134万6100円。「AZ-ワゴン カスタムスタイル」は130万2000円から154万350円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
AZ-ワゴンマツダAZ-ワゴン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • トヨタ、「プリウスPHV」にサポカーS ワイドの特別仕様車を設定 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、「プリウスPHV」に特別仕様車「S“Safety Plus”」「S“ナビパッケージ・Safety Plus”」「A“Utility Plus”」を設定し、2018年1月8日に発売すると発表した。
  • 三菱自動車、“ナイトショールーム”をオープン 2018.1.9 自動車ニュース 三菱自動車は2018年1月9日、自宅にいながらインターネット上で新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のショールーム体験ができる「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」を開催すると発表した。開催は1月9日から。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • 「プジョー308/308SW」に充実装備の特別仕様車 2018.1.5 自動車ニュース 「プジョー308/308SW」に特別仕様車の「スペシャルエディション」が登場。「アリュール」「アリュールBlueHDi」の2グレードをベースに、17インチアルミホイールやサンルーフ、DENON製のオーディオシステムなどを特別装備している。
ホームへ戻る