400万円を切る「Cクラス」デビュー

2010.08.24 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCクラス」に400万円を切る新グレード

メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」に400万円を切る新グレード「C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」を追加し、2010年8月23日に発売した。また一部モデルに、装備を充実させるなどの改良を行った。

■その名は“ライト”

このたび「Cクラス」のラインナップに追加された「C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」は、従来の「C200 CGI ブルーエフィシェンシー」の一部の装備を省き、低価格化したエントリーモデル。価格はセダンが399.0万円、ステーションワゴンは419.0万円と、ベースモデルより41.0万円安く設定された。

省かれた装備は、車庫入れをサポートする「パーキングアシストリアビューカメラ」、衝突前にあらかじめ電動シートベルトテンショナーと着座ポジションを自動調整し、乗員拘束力を高める「プリセーフ」、後席用のSRSサイドエアバッグ、ヒーテッドドアミラー、iPodなど音楽プレーヤーとの接続を可能にする「メディアインターフェイス」など。

一方、4ウェイパワーシート、ピアノラッカー調インテリアトリム、ESP(横滑り防止装置)、HDDナビゲーション付きCOMANDシステムなどは標準装備される。

今回の仕様変更ではアバンギャルド系モデルに、被視認性を高め、フロントデザインを精悍(せいかん)に演出する「LEDドライビングライト」が標準装備された(その他のモデルにはオプション、「C63 AMG」は非設定)。

また、C63 AMGには、「AMGパフォーマンスパッケージプラス」がオプション設定された。同モデルのパフォーマンスをさらに高めるこのセットオプションは、「SLS AMG」に採用されている鍛造成形軽量ピストンやコンロッド、クランクシャフトなどのスペシャルパーツを採用し、ノーマル比30psアップを実現。さらに放熱性が高められたAMG強化ブレーキシステム、旋回性能を高めるリミテッドスリップデフ、19インチマルチスポーク鍛造アルミホイール、カーボン製トランクリッドスポイラーリップなどが装備される。また、最高速度の設定が250km/hから280km/hに変更されるのもノーマルとの違いだ。

AMGパフォーマンスパッケージプラスのオプション価格は、セダンが125.0万円、ステーションワゴンは117.0万円。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」
「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツAクラス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • BMW X4 xDrive30i(4WD/8AT)/X4 xDriveM40d(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.7.19 試乗記 BMWのコンパクトでスタイリッシュなクロスオーバーモデル「X4」がデビューから4年半で早くも2代目に進化。新世代のボディー骨格を得て刷新されたSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)は、しなやかな乗り味と高い静粛性でさらに魅力を増していた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る