400万円を切る「Cクラス」デビュー

2010.08.24 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCクラス」に400万円を切る新グレード

メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」に400万円を切る新グレード「C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」を追加し、2010年8月23日に発売した。また一部モデルに、装備を充実させるなどの改良を行った。

■その名は“ライト”

このたび「Cクラス」のラインナップに追加された「C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」は、従来の「C200 CGI ブルーエフィシェンシー」の一部の装備を省き、低価格化したエントリーモデル。価格はセダンが399.0万円、ステーションワゴンは419.0万円と、ベースモデルより41.0万円安く設定された。

省かれた装備は、車庫入れをサポートする「パーキングアシストリアビューカメラ」、衝突前にあらかじめ電動シートベルトテンショナーと着座ポジションを自動調整し、乗員拘束力を高める「プリセーフ」、後席用のSRSサイドエアバッグ、ヒーテッドドアミラー、iPodなど音楽プレーヤーとの接続を可能にする「メディアインターフェイス」など。

一方、4ウェイパワーシート、ピアノラッカー調インテリアトリム、ESP(横滑り防止装置)、HDDナビゲーション付きCOMANDシステムなどは標準装備される。

今回の仕様変更ではアバンギャルド系モデルに、被視認性を高め、フロントデザインを精悍(せいかん)に演出する「LEDドライビングライト」が標準装備された(その他のモデルにはオプション、「C63 AMG」は非設定)。

また、C63 AMGには、「AMGパフォーマンスパッケージプラス」がオプション設定された。同モデルのパフォーマンスをさらに高めるこのセットオプションは、「SLS AMG」に採用されている鍛造成形軽量ピストンやコンロッド、クランクシャフトなどのスペシャルパーツを採用し、ノーマル比30psアップを実現。さらに放熱性が高められたAMG強化ブレーキシステム、旋回性能を高めるリミテッドスリップデフ、19インチマルチスポーク鍛造アルミホイール、カーボン製トランクリッドスポイラーリップなどが装備される。また、最高速度の設定が250km/hから280km/hに変更されるのもノーマルとの違いだ。

AMGパフォーマンスパッケージプラスのオプション価格は、セダンが125.0万円、ステーションワゴンは117.0万円。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」
「メルセデス・ベンツ C200 CGI ブルーエフィシェンシー ライト」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る