トヨタ・センチュリーがより快適に

2010.08.24 自動車ニュース

「トヨタ・センチュリー」小変更でより快適に

トヨタ自動車は、同社の最高級サルーン「センチュリー」の仕様を一部変更し、2010年8月23日に発売した。

今回のマイナーチェンジで、遮音性に優れ赤外線カット機能のあるフロントガラスが採用された。さらに、左側リアシートにはフットレストが与えられ、後席の快適性が高められた。
音声ガイダンス機能付きのバックガイドモニターとETCが追加されたのもポイントだ。

内外の意匠も変更され、後席のアームレストの一部が本木目に。また、シンボルの鳳凰がより目立つように、エンブレムの背景色は銀から黒へと変更されている。

価格は1208.0万円。同価格でフロアシフト仕様とコラムシフト仕様の2種類が用意される。

(webCG 関)

トヨタ・センチュリー
トヨタ・センチュリー
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
ホームへ戻る