日産ウイングロード、内外装を一部変更

2010.08.23 自動車ニュース

「日産ウイングロード」内外装を一部変更

日産自動車は2010年8月23日、ステーションワゴン「ウイングロード」の装備を一部変更し、発売した。

今回の変更は主に内外装が対象で、機関面での変更はない。
中級以上のグレードに装着されるインテリジェントエアコンシステムには、高濃度プラズマクラスターイオン発生器が採用され、室内空間の快適性の向上が図られた。
さらに「18G」「15M」「15M FOUR」グレードでは、シート生地が改められたほか、一部装備の見直しも行われた。

なお、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」「アンシャンテ」なども、ベース車同様の変更が加えられている。

ボディカラーは新色のスチールブルーを追加し、全7色のラインナップに。価格は151万4100円から247万8500円までとなる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウイングロードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)【試乗記】 2002.5.14 試乗記 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)
    ……367.0万円

    ぶっちゃけたハナシ、スカイラインのステーションワゴン。そう解説する自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ステージアのターボモデルに乗った。セダンには用意されない「ターボ+4WD」のワゴンやいかに!?


  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る