第7回:走ること、歩くこと(その4)〜道路は誰のもの?

2010.08.23 エッセイ

第7回:走ること、歩くこと(その4)〜道路は誰のもの?

歩行者にとって怖い道は、トラック運転手にとっては人が邪魔に思える場所でもある。結局道は誰のものなのだろうか、四国であらためて考えた。

遍路はどこも道にしてしまう。時には海岸の砂浜や石の上をも通過する。足摺岬に近い大岐の浜で。これはこれで自由でいい。
遍路はどこも道にしてしまう。時には海岸の砂浜や石の上をも通過する。足摺岬に近い大岐の浜で。これはこれで自由でいい。
山を崩して工事中の高速道路で分断され、峠の上り道が無限の階段に変えられた「そえみみず遍路道」の入り口部分。批判する人は多いが、これもすぐれて21世紀的風景で、それなりに魅力があると私は思う。
山を崩して工事中の高速道路で分断され、峠の上り道が無限の階段に変えられた「そえみみず遍路道」の入り口部分。批判する人は多いが、これもすぐれて21世紀的風景で、それなりに魅力があると私は思う。

自分勝手な怒り

ある本だったかネットだったかで、トンネルを嫌う遍路が、一人で怒っている文章に接した。「私が、ひどく怖い思いをしながらそのトンネルを歩き抜けるまでに、なんと60台ものクルマがトンネル内を通っていた。それほどまでに日本の道はクルマ優先になっている!」

言うまでもなく、これは根本的に見当外れでエゴイスティックな、子供以下の怒りである。一人の人間が通過する間に、最低でも60人、実際にはそれを上回る人間と、大量の物資が移動できていることの意味を、その人はまったく理解しようとしていない。そして単純に、クルマ中心の社会が悪いと決めつける。このように、交通や移動の基本を忘れ、自分の立場からだけで一方的に判断して、日本の道路事情を批判する人は意外と多い。

歩き遍路は勝手に巡礼者たることを選び、自分の意志で歩行者として路上に出ている。仕事でもなければ強制されたわけでもなく、あえて言うなら身勝手な思い込みや、道楽というか遊びとして路上に出てきた人々だ。それも忘れて、トンネル内で自動車の音や振動、排ガスに会ったとたんに突如として弱者の世界に逃げ込んで、クルマを凶器のごとく糾弾し、果ては排除したがる。実際は、クルマの方が、はるかに人々の生活に役立ち、地域社会に貢献しているだろうことを、まったく考えようとしない。

たしかに一般道、特に交通の激しい幹線道路やトンネル内などにおいては、歩行者の立場は絶対的に弱いし、クルマよりも潜在する危険性は高い。怖いがゆえにヒステリックに反応することは理解できないことではない。だが、まず歩行者というのは、大半の主要道路において、あくまでも絶対的な少数派であることを認識すべきである。

交通環境も他の多くの社会システムと同様に、基本的に最大多数の便宜性や、社会の効率を重視して計画され、構築されるのは当然である。その過程で、そこからはじき出されかねない少数側を、あるいは弱者になり得る立場のものをいかに守って、システム内に取り込んでいくのか考えるというのが、普通の方法だろう。

道路というのは、もともと多種多様な使用者や複雑な要件を抱え込み、それを前提の上に成り立っている社会システムだから、歩く側も走る側も、それをまず承知の上で使うべきなのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。