第156回:さらば「アルファGT」−大矢アキオの思い出−

2010.08.21 エッセイ

第156回:さらば「アルファGT」−大矢アキオの思い出−

ついに生産終了

「アルファ・ロメオ アルファGT」の生産がこのほど終了した。
2003年ジュネーブ・ショーでデビューしたこのモデルは、アルファ・ロメオの現行ラインナップ中で最年長だった。

アルファGTの生産台数は、2008年の5305台に対して、2009年は1767台にとどまった。エキゾチックカー「8C」を除き、最近のアルファ・ロメオで最も生産台数が少ないモデルだったことになる。イタリアでの累計販売台数は7年間で2万5000台だった。たしかにイタリアの路上で見かける機会が少ないモデルであった。

アルファGTは、過去10年のフィアットと運命をともにしたモデルともいえる。開発がスタートした1990年代末は、フィアットの業績に陰りが出始めていたものの、まだまだ決定的に深刻なレベルではなかった。2000年に締結されたGMとの提携も、当初は明るい兆しととらえられていた。

当時フィアット社内では、アルファGT以外にも、ランチアの新型「フルヴィアクーペ」計画や、アルファ・ロメオのSUV計画など、のちの経営危機でお蔵入りとなってしまったプレミアムカー計画が前後して、いくつも誕生していた。
そうしたなかでアルファGTが無事市場に送り出されたのは、1997年にデビューした「156」の恩恵で当時のアルファ・ロメオが前途洋々だったことと、156のプラットフォームを活用するというシンプルな企画だったために他ならない。

シエナ市街にたたずむ「アルファGT」。
第156回:さらば「アルファGT」−大矢アキオの思い出−
ピニンファリーナともジウジアーロとも違う、ベルトーネのアルファに対する解釈が感じられる。
第156回:さらば「アルファGT」−大矢アキオの思い出−

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。