アルトラパン、CVT変更で燃費向上

2010.08.20 自動車ニュース

「スズキ・アルトラパン」、CVT変更で環境性能アップ

スズキは2010年8月20日、軽乗用車「アルトラパン」に、トランスミッションを変更するなどの改良を加え、発売した。

今回の改良で、従来CVT(無段変速機)と4ATが選べたトランスミッションは、すべてCVTに統一された。そのCVTも、副変速機付きのものを新たに採用。変速比幅を広げ、燃費と発進加速の向上が図られた。NAエンジン搭載車では、燃費は25.0km/リッター(10・15モード)を達成している。
これにより、ターボ車を含む全グレードがエコカー減税対象車となったこともニュースだ。

また、燃費効率が良い状態を知らせる「エコドライブインジケーター」をメーターパネル内に新採用。さらに、消費電力を抑えるため、リアコンビネーションランプのLED化もなされた。

このほか、ターボエンジン搭載の「T」グレードの内装色が、NAエンジン搭載グレード同様、アイボリー、ブラウンの2種に(従来はブラック)変更された。

価格は110万5650円から156万4500円まで。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ラパンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
ホームへ戻る