アルトラパン、CVT変更で燃費向上

2010.08.20 自動車ニュース

「スズキ・アルトラパン」、CVT変更で環境性能アップ

スズキは2010年8月20日、軽乗用車「アルトラパン」に、トランスミッションを変更するなどの改良を加え、発売した。

今回の改良で、従来CVT(無段変速機)と4ATが選べたトランスミッションは、すべてCVTに統一された。そのCVTも、副変速機付きのものを新たに採用。変速比幅を広げ、燃費と発進加速の向上が図られた。NAエンジン搭載車では、燃費は25.0km/リッター(10・15モード)を達成している。
これにより、ターボ車を含む全グレードがエコカー減税対象車となったこともニュースだ。

また、燃費効率が良い状態を知らせる「エコドライブインジケーター」をメーターパネル内に新採用。さらに、消費電力を抑えるため、リアコンビネーションランプのLED化もなされた。

このほか、ターボエンジン搭載の「T」グレードの内装色が、NAエンジン搭載グレード同様、アイボリー、ブラウンの2種に(従来はブラック)変更された。

価格は110万5650円から156万4500円まで。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る