【スペック】全長×全幅×全高=4795×1860×1470mm/ホイールベース=2815mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=459.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】

巧みなバランス 2010.08.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
……459.0万円

1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。

2リッターから1.6リッターターボへ

1948年に発表された「シトロエン2CV」は、「フォルクスワーゲン・ビートル」に近いサイズのボディをわずか375ccで走らせた。70年に1リッターエンジンを積んでデビューした「シトロエンGS」の外寸は、2年後に登場した「アウディ80」と同等だった。

エンジンのダウンサイジングをドイツ車の専売特許のように思っている人がいるかもしれないが、シトロエンをはじめとするフランス車ははるか昔から「大きなボディに小さなエンジン」を実践してきた。
その伝統が、最新テクノロジーを得て復活した。2年前にデビューした「C5」の2リッター直列4気筒が1.6リッター直噴ツインスクロールターボにスイッチし、コンビを組むATも4段から6段にバージョンアップしたのだ。
ちなみにこの1.6リッターターボエンジンは、同じシトロエンでは「DS3」、プジョーでは「308」「3008」に積まれているユーロ5対応の最新型で、最高出力156ps、最大トルク24.5kgm。「C4」に搭載されている従来型に比べ16psのパワーアップとなる。

ちまたにはすでに1.2リッターの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や1.8リッターの「メルセデス・ベンツEクラス」があるから、1.6リッターのC5と聞いても驚くに値しないかもしれない。とはいえC5は今回乗ったセダンモデルでも、4795mm×1860mm×1470mmのボディサイズを持ち、車重は1620kgに達する。このボディをたった1.6リッターで思い通りに動かせるのかと、不安を抱く人もいるだろうが、結果的にはあらゆる面で最良のC5だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 高級セダン「シトロエンC6」が生産終了 2012.12.26 自動車ニュース フランスの高級車に逆風。登場時には大きな話題となりながら、最近は販売不調が伝えられていた「シトロエンC6」の生産が終了した。後継モデルはあるのか、それとも……。
  • シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)【試乗記】 2006.12.28 試乗記 シトロエンC6 エクスクルーシブ (FF/6AT)
    ……682.0万円

    2006年10月25日、大型サルーン「C6」がデビューし、新世代の“Cラインナップ”ができあがったシトロエン。ひと目でわかる奇抜なデザインが印象的だが、乗ってもほかと違うシトロエンらしさがあるのか。
ホームへ戻る