三菱、ギャランフォルティスを小変更

2010.08.19 自動車ニュース

「三菱ギャランフォルティス」一部改良で燃費と安全性能アップ

三菱自動車は2010年8月19日、スポーティセダン「ギャランフォルティス」と5ドアハッチバック「ギャランフォルティス スポーツバック」を一部改良し、発売した。

■1.8リッターモデルが、全車エコカー減税に適合

今回の主な変更点は、4WD車の燃費向上と内外装の意匠変更、安全装備の追加など。

1.8リッターモデルの4WD車は、エンジン内部のフリクション低減などの改良や、電動パワーステアリングの採用などにより10・15モード燃費がアップ(従来比で1.0〜1.2km/リッター)。「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、エコカー減税(取得税と重量税の50%軽減)に適合した。
また、2リッターモデル「RALLIART」は、エンジン点火プラグの変更やエンジン制御の最適化により、燃費が0.4km/リッター向上し、エコカー補助金(経年車の廃車を伴う新車購入補助)の対象車となった。

外装では、「SPORT」「RALLIART」グレードのサイドエアダムが大型化され、よりスポーティな印象になった。また、内装では「RALLIART」グレードを除く全車に、新デザインのシフトノブが採用されたほか、一部グレードに、メーターデザインの変更やECOランプの追加が行われた。

■安全装備を強化

車両の安定した走行をサポートする「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を全車に標準装備。緊急制動時に最大制動力を発揮するブレーキアシスト機構の検知方法がペダル踏力・踏み込み速度感応型に変更され、安全性のさらなる向上が図られた。

さらに、「RALLIART」に搭載される6段MT「ツインクラッチSST」の制御も改良されるなど走行性能向上にも手が入れられている。

このほか、メーカーオプションの7インチワイドディスプレイHDDナビゲーションに地デジTVチューナーを搭載。USB端子やBluetoothに対応した音楽プレイヤー等の操作が、ナビゲーションのタッチパネルやステアリングホイールのオーディオスイッチで行えるリンクシステムを採用するなど、利便性もアップした。

価格は、ギャランフォルティスが179万6000円から299万3000円、ギャランフォルティス スポーツバックは193万2000円から302万4000円まで。

(webCG ワタナベ)

「ギャランフォルティス SUPER EXCEED」
三菱、ギャランフォルティスを小変更

三菱、ギャランフォルティスを小変更
スポーティグレード「RALLIART」のメーター。
三菱、ギャランフォルティスを小変更
「ギャランフォルティス スポーツバック SPORT」
三菱、ギャランフォルティスを小変更

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギャランフォルティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.7.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
    ……343万3500円

    ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。
  • 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】 2008.12.16 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/ラリーアート(4WD/6AT)
    ……255万8850円/350万9100円

    「三菱ギャラン・フォルティス」シリーズに、ハッチバックボディの「スポーツバック」が加わった。さて、新しいボディ形状は、どんな変化をもたらしたのか……?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る