日産KIXにECOインジケーター追加

2010.08.19 自動車ニュース

日産、「KIX(キックス)」をマイナーチェンジ

日産自動車は2010年8月18日、軽SUV「KIX(キックス)」を一部改良して発売した。

「キックス」は、三菱自動車「パジェロミニ」のOEMモデル。軽自動車の四輪駆動SUVだ。

今回の改良では、燃費のいい運転(エコドライブ)中に点灯する「ECOインジケーター」をメーター内に設置。ボディカラーには、ミディアムグレーとレッドに替わり、チタニウムグレーと特別塗装色ラズベリーレッド(有料色:2万6250円)が、新たに設定された。

内外装の意匠に変更はない。また、ドライブトレインについても、従来と同じ64psを発生する0.66リッター直4ターボエンジンに、5MTと4ATの組み合わせとなる。

価格は、エントリーグレード「RS」の5MTが140万4900円、4ATは146万7900円。上級グレード「RX」の5MTが153万900円、4ATは159万3900円。それぞれ、従来モデルに比べ、2100円高に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「日産キックス」、ボディカラーは新色のチタニウムグレー。
「日産キックス」、ボディカラーは新色のチタニウムグレー。

メーター内に設けられたECOインジケーター。全グレードに標準装備される。
メーター内に設けられたECOインジケーター。全グレードに標準装備される。

特別塗装色のラズベリーレッドの「キックス」。このほかにチタニウムグレー、デニムブルー、クールシルバー、ブラック、ホワイトバールの計6色が用意される。
特別塗装色のラズベリーレッドの「キックス」。このほかにチタニウムグレー、デニムブルー、クールシルバー、ブラック、ホワイトバールの計6色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • 三菱、軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良 2016.12.21 自動車ニュース 三菱が軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良。標準モデル、カスタムモデルともにフロントまわりのデザインを一新した。装備の強化もはかっており、運転支援システムや安全装備を標準で備えた新グレードも設定している。
ホームへ戻る