日産KIXにECOインジケーター追加

2010.08.19 自動車ニュース

日産、「KIX(キックス)」をマイナーチェンジ

日産自動車は2010年8月18日、軽SUV「KIX(キックス)」を一部改良して発売した。

「キックス」は、三菱自動車「パジェロミニ」のOEMモデル。軽自動車の四輪駆動SUVだ。

今回の改良では、燃費のいい運転(エコドライブ)中に点灯する「ECOインジケーター」をメーター内に設置。ボディカラーには、ミディアムグレーとレッドに替わり、チタニウムグレーと特別塗装色ラズベリーレッド(有料色:2万6250円)が、新たに設定された。

内外装の意匠に変更はない。また、ドライブトレインについても、従来と同じ64psを発生する0.66リッター直4ターボエンジンに、5MTと4ATの組み合わせとなる。

価格は、エントリーグレード「RS」の5MTが140万4900円、4ATは146万7900円。上級グレード「RX」の5MTが153万900円、4ATは159万3900円。それぞれ、従来モデルに比べ、2100円高に設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「日産キックス」、ボディカラーは新色のチタニウムグレー。
「日産キックス」、ボディカラーは新色のチタニウムグレー。

メーター内に設けられたECOインジケーター。全グレードに標準装備される。
メーター内に設けられたECOインジケーター。全グレードに標準装備される。

特別塗装色のラズベリーレッドの「キックス」。このほかにチタニウムグレー、デニムブルー、クールシルバー、ブラック、ホワイトバールの計6色が用意される。
特別塗装色のラズベリーレッドの「キックス」。このほかにチタニウムグレー、デニムブルー、クールシルバー、ブラック、ホワイトバールの計6色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産KIXにECOインジケーター追加 2010.8.19 自動車ニュース 日産自動車は2010年8月18日、軽SUV「KIX(キックス)」を一部改良して発売した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択NEW 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る