クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4365×1835×1635mm/ホイールベース=2615mm/車重=1540kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=339.0万円(テスト車=同じ)

プジョー3008プレミアム(FF/6AT)【試乗記】

背は高くともプジョー 2010.08.19 試乗記 プジョー3008プレミアム(FF/6AT)
……339.0万円


2010年6月に日本に導入された、プジョー初のクロスオーバー「3008」。個性の強さを身上とする、4けたプジョーのニューモデルはどんなクルマ? ベーシックグレード「プレミアム」を試した。

端正なモノフォルム

新しい「プジョー3008」、おしゃれで快活なライフスタイルを象徴するクロスオーバー車として、たぶん今ならピカイチだろう。ちょっとたくましい姿だから、かなりの悪路や雪道も平気で踏み越えられるが(ただし4WD仕様はない)、実際には颯爽(さっそう)と行動したい都会派にぴったりだったりする。

それにしても、アメリカから生まれて日本経由で最近ヨーロッパにまで伝染した「クロスオーバー」という呼び名は、けっこう解釈があいまいだ。まず快適な乗用車として合格で、ワゴンの便利さとSUVらしい多用途性も誇り、必要とあらばGTさながらの走りも可能という「なんでもあり」で、従来のどのカテゴリーに当てはめたらいいかわからないから、仕方なく付けた名称なのだ。クイズ番組で歴史とか文学とかの分類と別にノンセクションというのがあるが、それに似ている。

そんな3008でまず印象に刺さるのは、ツルッと滑らかな面にほどほどの緊張感も漂わせた外観だろう。最近のプジョーを特徴付けている獅子頭みたいなフロントのデザインも、セダンやクーペ系よりバランス良くまとまっている。遠くから眺めるとコンパクトなのに、全高が1.6m以上もあるため(残念ながら、たいていの機械式立体駐車場には入れない)、近寄ってみるとなかなかのボリューム感と迫力だ。

ノーズに収まる1.6リッター直噴ターボは、欧州の排出ガス基準「EURO5」に適合する新世代ユニット。これに6ATが組み合わされ、10・15モード燃費は10.6km/リッターをマークする。
ノーズに収まる1.6リッター直噴ターボは、欧州の排出ガス基準「EURO5」に適合する新世代ユニット。これに6ATが組み合わされ、10・15モード燃費は10.6km/リッターをマークする。 拡大
「308ハッチバック」より120mm高い全高や前後に備わるステンレス製アンダーガードが、SUV風の雰囲気を醸し出す。
「308ハッチバック」より120mm高い全高や前後に備わるステンレス製アンダーガードが、SUV風の雰囲気を醸し出す。 拡大

あれもこれも標準装備

室内の眺めも充実している。セダン系より機能を重視した雰囲気だが、豪華さも一人前以上。そのうえ格納式ハーフミラーに投影されるヘッドアップディスプレイや車間距離保持機能など、このクルマだけのぜいたく装備まで気配りが行き届いている。日本向けに「プレミアム」と「グリフ」の2グレードあるうち、上級のグリフでは高級感あふれる本革シート(電動、ヒーター付き)まで標準装備だ。

もっとも、それを除けばESP 、前後コーナーセンサー、電動パーキングブレーキ、バイキセノンヘッドライト(自動点灯/消灯)、雨滴感知自動ワイパー、開口部の大きいパノラミックガラスルーフ、熱線入りドアミラー、クルーズコントロール、オートエアコンなど、往年の簡素なフランス車を愛してきたファンが腰を抜かしそうなほど、あれもこれも全車に備わっている。こんなに各種の装備を羅列したのは、それだけ普通のセダンやワゴン(SW)より豊かな暮らしの伴侶に見えそうだからだ。

そんな空気は、上下開きのテールゲートからのぞき込む荷室にも濃厚。びっしりカーペットを敷きつめてあるだけに、汚れた段ボールなど放り込む気にはなれない。

ところでこの3008、普通なら3けたの真ん中にゼロを挟むプジョー式ネーミングからは、少し規格外に位置する。「三菱アウトランダー」のプラットフォームを利用したSUV、「4007」などと同じ流れだ。でも2615mmのホイールベースから想像できるように、その正体は傑作セダン/ワゴンとして知られた「308」のもの。優秀なプラットフォームさえあれば各種のボディを作り分けられるという、現代のクルマ作りの見本みたいな仕立てだ。

センターコンソールの位置が高めでドライバーを包み込むレイアウトは、まるでスポーツカーのよう。
センターコンソールの位置が高めでドライバーを包み込むレイアウトは、まるでスポーツカーのよう。 拡大
設定は、乗車定員5名の2列シート仕様のみ。リアシートは、6:4の分割可倒式だ。
設定は、乗車定員5名の2列シート仕様のみ。リアシートは、6:4の分割可倒式だ。 拡大
ラゲッジルーム容量は、リアシート使用時が432リッター、格納時は最大1241リッターにまで拡大する。

画像をクリックするとシートアレンジのさまが見られます。
ラゲッジルーム容量は、リアシート使用時が432リッター、格納時は最大1241リッターにまで拡大する。

画像をクリックするとシートアレンジのさまが見られます。 拡大

ロールはゆっくり

もちろんエンジンも最近のPSAグループ(プジョーとシトロエン)が広範囲に採用している4気筒1.6リッターターボで、最新の308などと同じように、最高出力は156psと従来型より少しだけチューンが高い。それより注目は、わずか1400rpmから3500rpmという広い回転域で24.5kgmと、普通の2.5リッター級に匹敵するトルクを絞り出す点だ。軽すぎない軽さ、重すぎない重厚感、鋭すぎない敏しょうさなど、高いレベルで中庸を得た走行感覚こそすべてのプジョーの美点だが、それは3008でもまったく同じ。簡単に言えば、少しだけ着座位置と視点が高い308だと思えば当たり。

グッと力強いエンジンの特性は、最近やっと308の上級グレードに採用されたのと同じ6段ATによって、さらに有効に生かされている。これまでプジョーが頑固に使い続けてきた4段ATも、各ギアごとの守備範囲が広く、ちまちま頻繁に切り替わらないため、悠然たる走行感覚がうれしかったが、今は変速機の段数そのものがファッションでもあるので、ここは6段化も当然だろう。ただし、好んで低いギアを優先したがる制御は少し疑問。もっと上のギアを多用すれば日本での実用燃費を改善しやすいのに、惜しい。

走る軽快さと重厚感は前述の通りだが、そんな308的な完成度を支えるのが、3008専用の「ダイナミックロールコントロール」。左右の後輪のダンパーを配管で結び、中央に第三のダンパーを追加することにより、やりとりする油圧で、しなやかにロールを抑制するシステムだ。原理としては、かつてヤマハが開発し「トヨタ・スープラ」に使われたREAS(リアス)と似ている。妙にスタビライザーを突っ張らせず、最大ロールに達するまでの時間を稼ぐ方式なので、乗り心地を下品にすることなくスポーティな味だけ濃くできている。

こうして見ると、機能も性能も装備も満点の「3008」、もしかすると魅力のワゴン「308SW」にとって最大の脅威になるかもしれない。

(文=熊倉重春/写真=高橋信宏)

前走車との車間距離が狭まると警告を発する「ディスタンスアラート」や、「ダイナミックロールコントロール」の採用は、プジョー車で初めての試み。
前走車との車間距離が狭まると警告を発する「ディスタンスアラート」や、「ダイナミックロールコントロール」の採用は、プジョー車で初めての試み。 拡大
標準装備のパノラミックガラスルーフには、日差しを遮るサンシェード(電動)も備わる。
標準装備のパノラミックガラスルーフには、日差しを遮るサンシェード(電動)も備わる。 拡大

プジョー3008プレミアム(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
3008プジョー試乗記

あなたにおすすめの記事