ジャガー XJベースのコンセプトカー発表

2010.08.17 自動車ニュース

ジャガー、創業75周年記念車「XJ75 プラチナムコンセプト」を発表

英ジャガーカーズは2010年8月15日、米カリフォルニア州ペブルビーチで開催された「コンクール・デレガンス」で、「XJ」をベースとしたコンセプトカーを発表した。

■ブラックとホワイトのコントラスト

ジャガーが、コンクール・デレガンスの会場でお披露目した「XJ75 プラチナムコンセプト」は、同ブランドの75周年を記念して作られたコンセプトカーだ。サブネームの「プラチナム」は、同車のデザインコンセプトである「白と黒のコントラスト」を追求した結果、プラチナのような色合いに仕上がったことから、ネーミングに使用された。

さて、その「XJ75 プラチナムコンセプト」のベースとなったのは、「XJポートフォリオLWB」。製作の狙いは、XJをベースとした新しいカスタマイズバージョンの提案だ。ジャガーが現行XJのモデルチェンジで見せた大胆なアプローチを、より深化させたデザインとなっている。

外装には、スポーティな形状のフロントバンパー、サイドシル、リアエプロンが与えられ、ボディ全体を光沢あるサテンマットパールホワイトで塗装。一方、フロントグリルをはじめとするメッキ部分は、ブラックで統一された。22インチの専用アルミホイールにもブラックとホワイトが組み合わされ、コントラストが演出されている。

内装も、ブラック基調でエアコン吹き出し口にホワイトを採用するなどしてコントラストを演出。加飾パネル、シートや天井のダイヤモンドステッチにもホワイトがあしらわれている。

エンジンは、ベースモデルと同様に、5リッター直噴スーパーチャージドが搭載され、最高出力470hp、最大トルク58.7kgmを発生する。

この「XJ75 プラチナムコンセプト」、展示会での評判次第では、市販化の可能性もありそうだ。

(webCG 曽宮)

「ジャガーXJ75 プラチナムコンセプト」
「ジャガーXJ75 プラチナムコンセプト」

ジャガー XJベースのコンセプトカー発表の画像

ジャガー XJベースのコンセプトカー発表の画像

ジャガー XJベースのコンセプトカー発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 特集 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る