【スペック】全長×全幅×全高=4315×1820×1515mm/ホイールベース=2610mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=309.0万円(テスト車=同じ)

プジョー308シエロ(FF/6AT)【試乗記】

待ってろゴルフ! 2010.08.17 試乗記 プジョー308シエロ(FF/6AT)
……309.0万円

新型6ATを積み、価格の下がった「308」に試乗した。トランスミッションの変更は、プジョーの走りをどう変えたのか?

新しい6段ATを搭載

2010年のプジョー・シトロエン・グループには勢いがある。プジョーとしては「3008」を、シトロエンでは「C3」と「DS3」を発売し、近々「プジョーRCZ」の納車も開始する予定と聞く。フランスではこれまでのコワモテのプジョーとは違う新しいデザイン言語を用いた「プジョー508」と新型「シトロエンC4」のお披露目を、2010年9月末に始まるパリ・モーターショーで行う予定だ。

もっと身近なところでも、かなり大胆な見直しが行われており、その代表として「プジョー308」シリーズの価格改訂がある。ハッチバックモデルでは、今回試乗した最上級の「シエロ」がなんと36万円も安くなった。シート地をレザーからファブリックに格下げしたり、ユーロ安を還元したり(?)、いろいろ企業努力あっての値下げと察するが、それにしても345万円だった定価をいきなり1割以上下げるというのもすごい。エコカー補助金も真っ青である。

これにより、308ハッチバックのラインナップは廉価な方から順にスタイル:254万円、プレミアム:279万円、シエロ:309万円となった。この数字がなにを狙ってのものか、もうお気付きだろうか? 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」である。真正面からぶつかっている。

ゴルフが相手となると、ドライブトレインの洗練が必須だが、その点も308は抜かりはない。プレミアムとシエロでは、BMWグループと共同で開発した1.6リッターのツインスクロールターボエンジンに、新しい6段ATを組み合わせた。型式名で「AT6」と呼ばれるこのトランスミッション、なにやらフランス車らしからぬ仕上がりになっていて、なかなか興味深いものがある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.21 試乗記 プジョーのBセグメントホットハッチ「208GTi」に、同社のモータースポーツ部門が鍛えた「by PEUGEOT SPORT」が登場。“実戦”のノウハウが投入されて、208GTiのフットワークはどう変わったか? 専用チューンの足まわりがかなえた走りをリポートする。
ホームへ戻る