【スペック】全長×全幅×全高=4135×1765×1565mm/ホイールベース=2530mm/重量=1170kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(114ps/6000rpm、15.3kgm/4000rpm)/価格=179万250円(テスト車=238万3500円)

日産ジューク 15RX(FF/CVT)【ブリーフテスト】

日産ジューク 15RX(FF/CVT) 2010.08.16 試乗記 ……238万3500円
総合評価……★★★★

見た目が個性的な「日産ジューク」。中身のほうはどんな仕上がり? 市街地から高速まで、その実力を試した。

見た目だけじゃない

「ジューク」のボディサイズは、「デュアリス」の弟分といえるコンパクトなもので、街中における取りまわしはラクラク。高めのボンネットのせいで車体直前直下の見切りは良くないが、停止線の少し手前に止まることを心掛ければ、子供や小動物に対しても安心できる。いっぽう後方視界はオプションながらバックモニターが効果的に視界をサポートする。

低価格はこのクルマがもつ魅力のひとつではあるが、例えばブカブカしたドアの内張りなど、造りの甘さも散見され、ガッカリさせられる。ただ、このあたりは生産が順調に整えば、繕われる部分だろう。走行に関わるハード面はよくできているから、ユニークな顔だちをはじめとするキャラクターが気に入れば、老若男女を問わず、便利なシティコミューターとして人気を博するのではないだろうか。欲をいえば、全長は4m以下に収めてほしかったが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る