第6回:走ること、歩くこと(その3)〜路上の現実

2010.08.16 エッセイ

第6回:走ること、歩くこと(その3)〜路上の現実

クルマと長年生活してきた人間でも、遍路になった瞬間に、一歩行者として路上に放り出される。現実の路上は、やはり怖かった。

浦戸大橋で。狭い歩道だけにすがって進む歩行者のすぐ傍らを、ダンプがごう音を立てて駆け下りてくる。強風にあおられると本当に怖い。
第6回:走ること、歩くこと(その3)〜路上の現実
国道の歩道は、このように突如なくなることがある。その場合、前方の歩道橋で反対に逃げるには、ガードレールと車道の間を抜けなくてはならない。お年寄りには大変だろうと思う。
第6回:走ること、歩くこと(その3)〜路上の現実

現代交通に投げ込まれた、一歩行者

多くの歩き遍路はトンネルを怖がり、これを毛嫌いするが、ここ数年はだいぶトンネル内の安全性は見直されていると感じた、というのが前回の話。
考えてみるなら、トンネルは、もともとクルマの便宜性を最優先に設計され、工費もかなりかかることを考えるなら、絶対的に少数派の歩行者としては、多くを要求すべきではない。
それよりもっと気になったのは一般道、つまり国道や県道における歩行者対策がまだまだ進んでいないことだ。

遍路道というのは必ずしも決まってはいない。一つのお寺から次のお寺に向かうまでに、さまざまなルートがある。もちろんクルマ遍路の道と歩き遍路の道は、かなりの箇所で異なっているのは当然だが、歩き遍路の道もまた、一本だけとは限らない。

ともかく1000年の歴史を持つ道である。時代とともにさまざまに変化している。いずれにしても、現在まで続く遍路道の基本が、ある程度できたのは江戸時代。17世紀に四国を回った真念という大阪の僧が著した「四国遍路道指南」なる書が、その発端といわれる。

したがって、今でもこの行程をたどるというのが遍路としての基本になるが、その時代からでももう400年もたっているから、地形も道も変化しているし、古道のすべてが判明しているとは限らない。それでも「へんろみち保存協会」というNPOともいうべきグループや地元の方たちの努力で、可能な限り古く歴史の長い遍路道を発掘、保存、紹介しようという活動が続いている。また多くの遍路は、その古い道を歩きたがる。

だが、大切なことは、基本的に遍路というのは自由であるということだ。義務も規則もない。遍路自身が自分でわが遍路方法を決めればいいのだから、道を選ぶのも自由である。

ということは、歩行者としての遍路は、単なる古い遍路道や峠道にだけ存在しているのではなくて、しばしば市街地にも一般道にも国道にも出没する。要するに、イヤでも現代の交通状況の中に、一歩行者として投げ込まれる。前回のトンネルの話もそうだが、歩き遍路をやっていると、どうしても歩行者とクルマとの間に不可避的に生じる、フリクションというか問題点を考えざるを得なくなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。